そもそも還暦って何?

60or61

還暦とは

還暦の名前の由来

還暦とは60年で生まれた年の干支に一巡して戻ることから、「」が「還る」というところから来ています。生まれた年に戻るというところから、赤ちゃんに戻る・第二の人生に生まれ変わるという意味で「還暦」と呼び、長寿を祝うようになりました。

還暦を祝う習慣が始まったのは諸説ありますが、遣隋使や遣唐使の時代に中国から伝わったものと言われています。
昔は60歳というのは大変長寿な年齢でしたから、長寿のお祝いとして日本でも行われるようになりました。

「生まれた年の干支に戻る」って?

干支と言えば、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支が真っ先に思い浮かびますが、この十二支と合わせて暦や時間、方角などを表すのに用いられるのが、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干です。十干と十二支を組み合わせた60年周期の十干十二支を干支と言うのです。
例えば、2015年に還暦を迎える1955年生まれの干支は乙未きのとひつじです。

還暦祝いは60歳?61歳?

還暦祝いはもともと、生まれた年の干支に戻る「数え年」の61歳の正月に祝っていました。私達が普段意識している「満年齢」とどう違うのでしょうか。

生まれた時の年齢が0歳で誕生日を迎える度に年齢が増える満年齢に対して、「数え年」は生まれた時の年齢を1歳とし、元旦の1月1日を迎える度に1歳ずつ増えていきます。
日本ではかつては数え年を使うことが一般的で、現在でも冠婚葬祭など多くの場面で数え年が用いられています。

ですので重要なことは生まれた年の干支に戻る年にお祝いをするということです。現在では数え年のお正月にかぎらず、満60歳の誕生日や退職祝い、親戚一同が集まる長期休暇などにお祝いをすることが多いです。

還暦祝いで赤いちゃんちゃんこを贈るのはなぜ?

05132108_5190d7d5afbbf

「赤」は赤ん坊や魔除けの意味をこめて

還暦といえば、赤い頭巾や赤いちゃんちゃんこを贈る慣習があります。これは「赤ちゃんに還る」というところから来ているのです。
かつては魔除けの意味を込めて産着に赤色が使われていたことや、「赤ん坊」「赤ちゃん」など新生児は赤を連想させる物も多いので、
生まれた時に還る「還暦」でも赤い衣服を贈る習慣が生まれたとされています。

還暦祝いは正月なので防寒着のちゃんちゃんこ

赤い衣服を贈る習慣は分かりますが、なぜ防寒着のちゃんちゃんこなのでしょうか?

日本はもともと、正月に全員が歳をとる数え年が一般的でした。なので還暦祝いも正月に行われていました。還暦祝いに防寒着のちゃんちゃんこを送っていたのは、かつては還暦祝いが正月に行われていたことを表しています。

現在では満年齢が一般的で、誕生日やお盆などに還暦祝いを行うことも多いです。
夏場に赤いちゃんちゃんこは一見季節違いですが、記念撮影の際は今でも赤いちゃんちゃんこを着る事が多いようです。

還暦の意味合いは変わってきています!

かつては滅多にない長寿のお祝い

日本の還暦祝いの起源は諸説ありますが、奈良時代には長寿を祝う賀寿の文化が中国から伝わっており、鎌倉時代には六十一歳を祝う風習が既にあったと言います。日本でも戦前までは平均寿命は50年にも満たない中、60歳を迎えるということは大変な長寿でした。還暦を祝うということは、滅多にない長寿を祝うという意味だったのです。

長寿大国ニッポン。今では60歳は「第二の人生のスタート」

対して、今はどうでしょうか。日本は今や平均寿命が80歳を超えた長寿大国です。60歳はまだまだ元気で、そして若いですね。人によっては「赤いちゃんちゃんこ」をもらっても、「老人扱いされるのが嫌だ」という方も珍しくありません。
還暦は「長寿のお祝い」という意味合いももちろん大事ですが、現代では「第二の人生のスタート」という意味合いがより強くなってきているといえるでしょう。

知っているようで知らない還暦のこと。こんな由来があったのですね。
長寿化してきているとは言ってもやはり60歳というのは特別な節目なんだと私は思います。
文中にもありましたが、これまで定番であった還暦祝いの赤いちゃんちゃんこですが、どうしても年寄りというイメージがあるようで、着ることを嫌う方もいらっしゃるようです。
そんなときは、かわいいベアちゃんに代わりに着てもらうのもいいのではないでしょうか?
当店ではかわいい還暦ベアを扱っていますので、ぜひご参考ください!

→とってもかわいい「還暦ベアセット」はこちら