還暦から始まる日本の長寿祝い

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

日本の長寿祝い

還暦以外にも日本では節目節目に長寿をお祝いする習慣があります。以下の表は主な長寿祝いの一覧です。

年齢(数え年) 長寿祝いと由来
61歳 還暦かんれき:干支が一巡することから、「暦」が「還」ることから。
華甲かこう: 「華」を分解すると「十」が6つと「一」が1つ。「甲」は干支の一番最初の「甲子きのえね」から一番最初を示すことから。
70歳  古稀こき:唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」という詩から。
77歳  喜寿きじゅ:「喜」の草体が「七十七」に見えることから。
80歳 傘寿さんじゅ:「傘」の略字が「八十」と分解できることから。
88歳 米寿べいじゅ:「米」の字が「八十八」と分解できることから。
90歳 卒寿そつじゅ:「卒」の略字が「九十」と分解できることから。
99歳 白寿はくじゅ:「百」の字から「一」を引くと「白」になることから。
100歳 百寿ひゃくじゅ・ももじゅ:文字通り「百」から。
108歳 茶寿ちゃじゅ:「茶」の字が「十」が2つと「八十八」に分解できることから。
不枠ふわく:「枠」の字が「十」と「八」と「九十」と分解できることから。
111歳 皇寿こうじゅ:「皇」の字を分解すると「白(=99)」と「十」と「一」が2つに分解できることから。
川寿せんじゅ:「川」が「111」と読めることから。
120歳 大還暦だいかんれき:2回目の還暦を迎えたことになることから。
昔寿せきじゅ:「昔」の字が「廿(=20)」と「百 」に分解できることから。

長寿祝いは満年齢でもいい?

かつては生まれた年を1歳とし、正月を迎える度に1歳ずつ増えていく数え年が一般的だったことから、これらの長寿祝いも基本的には数え年が基準となっています。(例えば、61歳の還暦は満60歳、77歳の喜寿は満76歳にあたります。)

ですが、現在では自分の誕生日に1つ歳をとる満年齢の方が馴染みが深いですよね。実際に長寿祝いも数え年ではなく満年齢で祝うことが増えてきています。
長寿のお祝いは数え年でも満年齢でも、お祝いをする一番良いタイミングで行うと良いと思います。

長寿祝いの色

長寿のお祝いにはそれぞれ基調色があります。
還暦は赤、古稀・喜寿・傘寿・卒寿が紫、米寿が皇位を表す黄色、白寿が白などです。
赤は魔除けの意味合いが込められており、紫は高貴な色としてお祝いごとに多用される色です。
黄色は中国で皇位を表す高貴な色とされています。

100歳以降は基調色はありません。また、長寿祝いの情報サイトによっては傘寿や卒寿も黄色としているところもあります。
色の由来については、長寿祝いの歴史自体がはっきりとしておらず、地域差もあるため一概には言えません。

いずれの色であってもお祝いする気持ちを伝えることが大事です。
贈り物に悩んでいる方は、基調色を参考に贈るものを考えてみてはいかがでしょうか?

100歳以上のお祝いに名前があることにびっくりしました。
2回目の還暦を迎えると「大還暦」って言うのですね!
これまで「大還暦」を迎えた人は世界中でも一人しかいないようですが、これからはどんどん出てくることになるのでしょうか?
「お祝いギフト工房〜大還暦店〜」なんていうお店が10年後にはできているかもしれませんね(*^_^*)