還暦のお祝いの言葉。メッセージ・手紙の書き方と例文

C824_akaribontegami-thumb-1000xauto-15025

還暦祝いにプレゼントと一緒に贈ると喜ばれるもの。それが日頃の感謝の気持ちを込めたメッセージです。

普段はなかなか伝える機会の無い両親やお世話になった人への感謝の言葉は還暦という第二の人生の節目に贈りましょう。
感謝の気持ちを、言葉にするときっとプレゼント以上のものになると思います。

メッセージの贈り方

還暦祝いのメッセージはメッセージカード手紙に書いてプレゼントに添えたり、還暦祝いの席で両親に読み上げて贈ります。

親しい人には自分の言葉で贈ろう

還暦祝いのメッセージのポイントは家族など親しい人に贈る場合、形式ばった文章よりも自分の言葉で気持ちを伝えることが何より大切です。
還暦祝いは冠婚葬祭のように形式的な書き方は存在しません。なので基本的なマナーを守りさえすればどのような書き方をしても問題ありません。還暦祝いのメッセージは形式よりも気持ちが伝わるように書くことが一番重要です。

長寿のお祝い

まず挙げられるのが、そもそもの還暦祝いの趣旨である長寿祝い、長生きしてくれたことへのお祝いです。
これまで健康に過ごしてくれたこと、そしてこれからも変わらず健康で長生きして欲しいという気持ちを文章にしましょう。

家族を支えてくれたことへの感謝

家事や仕事でこれまで家族を支えてくれたことへの感謝の気持ちは必ず入れるべきメッセージです。
「今まで家族を支えてくれてありがとう。」「お仕事お疲れ様でした。」など率直に気持ちを伝えます。
また、定年退職される場合はもちろん、定年退職されない場合でもやはりこれまでの勤続に対する感謝は書いておいたほうが良いでしょう。

これからのことを書こう

還暦祝いのメッセージはこれまでの感謝に加えて、これからの願いを書くようにすると良いです。
例えば60歳で定年退職をされる場合であれば、「これからは趣味のゴルフなどに自分の時間を使ってね」など、これから迎える第二の人生に対する願いを書いて、思いやりの心を伝えましょう。

気持ちごとの例文

これからも長生きして欲しいという願い
(例1) これからも健康で長生きでいてください。
(例2) お身体を大切に、これからもいつまでも健康でいてください。

これからの時間を自分のために使って欲しいという願い 
(例1) これからは自分のために時間を使って充実した日々を送ってください。
(例2) 今まで仕事が大変だった分これからは趣味の時間も楽しんで人生満喫してください。

夫婦円満に仲良く過ごして欲しいという願い
(例1) これからも夫婦で仲良く長生きしてください。
(例2) これからも夫婦仲良くいつまでも健康でいてください。

贈る相手ごとの例文

ご両親へ
(例1)
お父さん、お母さん、還暦おめでとう!
お父さんとお母さんがふたり揃って仲良く還暦を
迎えることがとても嬉しいです。
これからも夫婦揃って元気に過ごしてください。

(例2)
お父さん、お母さん、還暦おめでとう。
これまで育ててくれてありがとう。
これから第二の人生をふたりで仲良く
歩んでいってください。

お母さんへ

(例1)
お母さん、還暦おめでとう。
アクティブなお母さんを見ていると
私まで元気をもらえます。
いつも本当にありがとう。
これからも元気でいてね。

(例2)

お母さん、60歳の誕生日おめでとう。
面と向かって言うと照れ臭いけれど
本当に感謝しています。
これからもお父さんとふたり仲良く健康に過ごしてね。お父さんへ

(例1)
いつもお仕事ご苦労様です。
私たちを育ててくれてありがとう。
これからは仕事だけじゃなく自分の趣味の時間も大事にしてね。
本当におめでとう。

(例2)
お父さん、還暦おめでとう!!
いつもありがとう。
これからもかっこいい理想のお父さんでいてください。
いつまでも元気でいてね。

ご家族以外から

(例1)
還暦おめでとうございます!
これからもますますお元気で〇〇さんにたくさんの幸せが訪れますように!

(例2)
祝 還暦
おめでとうございます!
これから第二の人生思いっきり楽しんでください。
また呑みにでも行きましょう!(笑)

孫から
お孫さんのメッセージは喜ばれます。
還暦を迎えた人に何よりも喜ばれるのは可愛いお孫さんからのメッセージです。
お孫さんがいる場合は、ぜひ、おじいちゃん・おばあちゃんに対するありがとうを書いてもらいましょう。

(例1)
おじいちゃん、おばあちゃん。還暦おめでとう!!
いつも本当にありがとう!
これからもずっとずーっと長生きしてね!

(例2)
おじいちゃん、おばあちゃん
還暦おめでとう!!
いつも優しくしてくれてありがとう。
これからも元気でいてね。
また一緒に遊ぼうね!

(例3)
じいじ、ばあばへ
60歳の誕生日おめでとう!
これからも健康で長生きしてね。

(例4)
じいじ、ばあばへ
還暦おめでとう!
いつも仲良しな二人は自慢のじいじとばあばです。
これからも二人仲良く幸せに過ごしてね。

 

職場の人に対する還暦祝い

職場の人に対する還暦祝いも基本的には上記のような内容でお祝いの言葉を書きます。
還暦を迎えたことのお祝い、長年の勤続、会社を支えてくれたことへの感謝などです。

また、親しい人に贈る場合を除いて、基本的には目上の人に贈るものとして相応しい文章を書くようにします。
時効の挨拶なども含めたきちんとした形式のものを贈るようにしましょう。

もちろん、職場の雰囲気によっては他人行儀にしないほうが良い場合もあります。
適度な距離感の文章を心がけるようにしましょう。

(例1)
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
◯◯様には今年めでたく還暦の歳を迎えられましたとの由、謹んでお慶び申し上げます。
お祝いのしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので、どうぞお納めくださいませ。
これからも益々のご健勝、ご活躍を期待しますとともに、
あわせてご家族の皆様のご健勝をお祈りいたします。

(例2)
このたび還暦をお迎えになられました由、心よりお喜び申し上げます。
現役でご活躍中の◯◯さんでいらっしゃって、還暦が意外な気もいたしますが、
人生の節目を無事迎えられましたことに、お祝いの言葉を申し上げたいと思います。
誠におめでとうございます。簡単ではございますが、まずは書中をもちまして、謹んでお祝いの御挨拶を申し上げる次第でございます。

若々しさを強調しよう

現在は還暦と言ってもまだまだ若くて元気な人が多いです。
還暦祝いをすると突然年寄り扱いされたみたいで嫌がる人もいます。

メッセージを書く際は「まだ元気で若々しい」「いつまでもお若くお元気で」など、まだ若々しいということに配慮して文章を作ると良いでしょう。
特に職場の人に贈る還暦祝いでは気遣う必要があります。

還暦祝いのメッセージを英語で表現すると?

ワインやブランデーなどのラベルにメッセージを載せる場合など、日本語よりも英語のメッセージの方が適している場合があります。

もちろん還暦という風習は英語圏にはありませんから、単に60歳の誕生日を示すone’s 60th birthdayとなります。
後は伝えたいメッセージなどを英語で表記してみるとよいでしょう。
よく使われる表現をピックアップしてみます。

 

 

Congratulations on your 60th birthday!
Happy 60th birthday!
60歳の誕生日(還暦)おめでとう!
With thanks. 感謝の気持ちを込めて。
Life starts now. 人生これから。
Stay healthy forever. いつまでも元気で。
My best thanks. 今までありがとう。
Hope you have a great life. 素敵な人生になりますように。
With love and gratitude. 愛と感謝を込めて。
Life Begins At Sixty! 人生は60歳から始まる!
I’m so glad there is you. あなたがいてくれて本当によかった。
To the best grandparents. 最高の祖父母へ。

 

書くための道具

還暦祝いのメッセージを書く道具に形式はありません。
筆ペンで書いてもいいですし、万年筆で書いてもいいです。
お孫さんと一緒にカラフルなペンで書いてもいいでしょう。
一番重要なことは想いを伝えることです。
相手が喜ぶであろう書き方を考えて書いてみてください。

縁起の悪い言葉を使用しない

「死」「苦」「老い」は絶対に連想させないようにしてください。
今では60歳となるとまだ現役で働いている方もいたり、お若い方が多いです。
お年寄り扱いされるのを嫌がるケースもあります。
「死」「苦」「老い」を連想させるような言葉は使わないようにしましょう!

メッセージの例文をなるべくそのまま使用しない

ここではメッセージを書くのがイメージしやすいように例文を載せていますが、できればメッセージの例文をそのまま使用するのはやめましょう。
なぜならあなたの気持ちをこめた世界で一つのメッセージを、きっともらいたいはずだからです。祝う相手とのエピソードを交えたり、心の底からこみ上げた感謝の気持ちを
メッセージにしてみてはどうでしょうか。
うまくまとまった文章も素敵ですが、一番大切なのは気持ちがこもったメッセージを書くことです。

メッセージを書くって気恥ずかしいものですが、贈られた方は一生手元に残して喜んでくれるものです。
できれば、形式張ったものではなく、心を込めた言葉を書いてあげてほしいなぁと思います。
文章は上手くなくてもいいんです!
心がこもっているかどうかがとてもとても重要なことだと私は思います(^^)
  • ランキングで選ぶ
  • 総合ランキング
  • 男性向けランキング
  • 女性向けランキング
  • 商品の種類で選ぶ
  • 商品一覧
  • 似顔絵
  • ポエム
  • 花
  • 時計
  • 食器
  • インテリア
  • 名入れギフト
  • 信楽焼
  • 可愛いもの
  • 贈る相手で選ぶ
  • お父さんへ
  • お母さんへ
  • 両親へ
  • 知人・親戚へ
  • 仕事先の方へ
  • お届け日数で選ぶ
  • 即日発送
  • 2日後発送
  • 1週間で発送
  • 10日間で発送
  • 2週間で発送
  • 商品の金額で選ぶ
  • 5千円くらい
  • 1万円くらい
  • 2万円くらい
  • 3万円くらい
  • お祝いギフト本舗の運営理念
  • ラッピング無料
  • お急ぎの方はクリック!
  • お買い物ガイド
  • 発送時期について
  • お支払い方法
  • お問い合わせQ&A
  • いらっしゃいませ!
  • お祝いギフト本舗について
  • 運営会社について
  • お客様の声
  • お気に入り登録
お客様の声