還暦のお祝いの言葉・メッセージの書き方と例文

C824_akaribontegami-thumb-1000xauto-15025

還暦祝いにプレゼントと一緒に贈ると喜ばれるもの。それが日頃の感謝の気持ちを込めたメッセージです。

普段はなかなか伝える機会の無い両親やお世話になった人への感謝の言葉は還暦という第二の人生の節目に贈りましょう。

メッセージの贈り方

還暦祝いのメッセージはメッセージカード手紙に書いてプレゼントに添えたり、還暦祝いの席で両親に読み上げて贈ります。

親しい人には自分の言葉で贈ろう

還暦祝いのメッセージのポイントは家族など親しい人に贈る場合、形式ばった文章よりも自分の言葉で気持ちを伝えることが何より大切です。

長寿のお祝い

まず挙げられるのが、そもそもの還暦祝いの趣旨である長寿祝い、長生きしてくれたことへのお祝いです。
これまで健康に過ごしてくれたこと、そしてこれからも変わらず健康で長生きして欲しいという気持ちを文章にしましょう。

家族を支えてくれたことへの感謝

家事や仕事でこれまで家族を支えてくれたことへの感謝の気持ちは必ず入れるべきメッセージです。
「今まで家族を支えてくれてありがとう。」「お仕事お疲れ様でした。」など率直に気持ちを伝えます。
また、定年退職される場合はもちろん、定年退職されない場合でもやはりこれまでの勤続に対する感謝は書いておいたほうが良いでしょう。

これからのことを書こう

還暦祝いのメッセージはこれまでの感謝に加えて、これからの願いを書くようにすると良いです。
例えば60歳で定年退職をされる場合であれば、「これからは趣味のゴルフなどに自分の時間を使ってね」など、これから迎える第二の人生に対する願いを書いて、思いやりの心を伝えましょう。

  • これからも長生きして欲しいという願い (例)「これからも健康で長生きでいてください」
  • これからの時間を自分のために使って欲しいという願い (例)「これからは自分のために時間を使って充実した日々を送ってください」
  • 夫婦円満に仲良く過ごして欲しいという願い (例)「これからも夫婦で仲良く長生きしてください。」

お孫さんのメッセージは喜ばれる!

還暦を迎えた人に何よりも喜ばれるのは可愛いお孫さんからのメッセージです。
お孫さんがいる場合は、ぜひおじいちゃん・おばあちゃんに対するありがとうを書いてもらいましょう。

職場の人に対する還暦祝い

職場の人に対する還暦祝いも基本的には上記のような内容でお祝いの言葉を書きます。
還暦を迎えたことのお祝い、長年の勤続、会社を支えてくれたことへの感謝などです。

また、親しい人に贈る場合を除いて、基本的には目上の人に贈るものとして相応しい文章を書くようにします。
時効の挨拶なども含めたきちんとした形式のものを贈るようにしましょう。

もちろん、職場の雰囲気によっては他人行儀にしないほうが良い場合もあります。
適度な距離感の文章を心がけるようにしましょう。

例文) 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
◯◯様には今年めでたく還暦の歳を迎えられましたとの由、謹んでお慶び申し上げます。
お祝いのしるしまでに心ばかりの品をお送りいたしましたので、どうぞお納めくださいませ。
これからも益々のご健勝、ご活躍を期待しますとともに、
あわせてご家族の皆様のご健勝をお祈りいたします。

若々しさを強調しよう

現在は還暦と言ってもまだまだ若くて元気な人が多いです。
還暦祝いをすると突然年寄り扱いされたみたいで嫌がる人もいます。

メッセージを書く際は「まだ元気で若々しい」「いつまでもお若くお元気で」など、まだ若々しいということに配慮して文章を作ると良いでしょう。
特に職場の人に贈る還暦祝いでは気遣う必要があります。

還暦祝いのメッセージを英語で表現すると?

ワインやブランデーなどのラベルにメッセージを載せる場合など、日本語よりも英語のメッセージの方が適している場合があります。

もちろん還暦という風習は英語圏にはありませんから、単に60歳の誕生日を示すone’s 60th birthdayとなります。
後は伝えたいメッセージなどを英語で表記してみるとよいでしょう。
よく使われる表現をピックアップしてみます。

Congratulations on your 60th birthday!
Happy 60th birthday!
60歳の誕生日(還暦)おめでとう!
With thanks. 感謝の気持ちを込めて。
Life starts now. 人生これから。
Stay healthy forever. いつまでも元気で。
メッセージを書くって気恥ずかしいものですが、贈られた方は一生手元に残して喜んでくれるものです。
できれば、形式張ったものではなく、心を込めた言葉を書いてあげてほしいなぁと思います。
文章は上手くなくてもいいんです!
心がこもっているかどうかがとてもとても重要なことだと私は思います(^^)