還暦祝いにお返しは必要?還暦祝いの内祝い

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_m

結婚祝いや出産祝いにはお返しとして内祝いがあるように、感謝のしるしとしてお返しをする習慣はお祝いごとをはじめ、冠婚葬祭ではよくあります。
では、還暦祝いにお返しは必要なのでしょうか?

還暦祝いにお返しは必要?

家族には本来不要。しかし最近はお返しをすることも。

還暦は元々、元旦に家族が集まって料理を囲みながらお祝いをすることが一般的でした。
なので、還暦をはじめ長寿のお祝いにはお返しをする慣習はありませんでした。

ですが、現在では還暦祝いの方法も変わってきており、豪華な食事会を開いたり、プレゼントを贈ったりすることが多くなったので、結婚祝いや出産祝いなどと同じようにお返しをすることが増えてきています

職場の人や友人からのお祝いにはお返しを

前述のとおり、還暦祝いが家族だけでやるお祝いではなくなってきているので、
職場の人や友人からのお祝いはぜひお返しをするようにしましょう。

還暦祝いの内祝いの基本

お祝いのお返し「内祝い」の基本

お祝いに対するお返しは内祝いと言います。内祝いは本来は「自分の祝い事の記念に周囲の人へ贈り物をすること」だったのですが、現在ではお祝いに対するお礼としての意味合いが強くなってきています。

内祝いは基本的にお祝いでもらった金額の半額を返す半返しが相場とされています。もちろん、きっちり半額というわけではなく、3割程度のものを返すこともあります。

還暦祝いの内祝いも基本は半返しでいい

還暦祝いの内祝いも他の内祝いと同じく半返しが基本です。還暦のお祝いの3割~半額の品物を用意してお返しするようにしましょう。

内祝いの「のし」と「表書き」

のしの水引きは繰り返し結ぶことのできる紅白の蝶結びのものを用います。

表書きは「内祝」とします。もし、お返しをする相手が喪中などの場合は「御礼」などにしましょう。

礼状やメッセージを書きましょう!

何を贈るにしても、お礼の言葉を記した礼状やメッセージは感謝の気持ちを伝えるのにとても重要です。
お祝いをしてくれたことへのお礼、これからの第二の人生を歩む決意などを盛り込み、素敵なお返しにしたいですね。

還暦祝いのお返しには何を贈ればいいの?

還暦祝いにはどのようなものを贈ればいいのでしょうか。

菓子折りなどの簡単なもの

定番なのが、よほど高額なものをもらわない限りは簡単な菓子折りなどの食品です。
家族だけでなく、職場の人や友人などへのお礼にもやはり食べ物はオススメです。
様々な価格帯のものがあるので、いただいたプレゼントの大体の値段の半分程度のものを贈るようにしましょう。

長く使って貰えそうな食器類やタオル

家族や親しい人に対するお返しであれば、普段使える物を贈るのもありです。
人気があるのは、茶器や酒器などの食器類などです。贈る人の好みを知っていて、使ってもらえそうなものがある場合はぜひ贈ったほうが良いでしょう。

また、内祝いだとタオルセットも定番中の定番です。
食べ物や日用品も好みが別れるものが多い中、タオルは何枚あっても基本的には困らないので、お返しの品として重宝されています。
今治タオルなどの贈答用に適したタオルもあるので、お返しに困っているときはタオルもご一考されてはいかがでしょうか。

食事会を開く

還暦祝いのお返しの意味合いを込めた食事会を開くことも最近は増えてきています。

もちろん、還暦祝いをしてくれた人達が再び集まるように日程を調整する必要があります。
多くの場合、盆や正月など家族が集まる機会にいつもより豪勢な食事を振る舞うか、食事会を開きます。

まとめ

  • 基本的には家族への還暦祝いのお返しは不要ですが、最近ではお返しをすることも増えているようです。
  • 職場の人や友人へのお返しはしたほうが良いでしょう。
  • お返しの金額の基本は半返し。還暦祝いでもらったプレゼントの半額程度のものを贈るようにします。
還暦祝いでもお返しをすることが増えているんですね。
家族に対するお礼であれば、変にかしこまる必要もないと思います。
お返しを特にしない場合は、その分孫のお祝いごとなどではしっかりお祝いをしてあげるとよいのではないでしょうか。
お祝いごとで家族の絆がより深まると良いですね!