避けたいトラブル!失敗のない還暦祝いにするために

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_m

一番避けたいのはプレゼントのトラブル!

本当に欲しい物をしっかりリサーチしておこう

還暦祝いで一番避けたいのは用意したプレゼントに不満を持たれることです。
お祝いでもらうものに不満を言うことは少ないでしょうが、家族という親しい間柄こそ、ついストレートに出てしまうこともあります。
贈る側としてもせっかくプレゼントするならば本人が喜んでもらえるものを贈りたいですね。

本人が喜ぶものかをしっかりリサーチすることが重要です。
例えば、旅行などを計画している場合は、行きたい場所、家族でいくのか夫婦でいくのかなどを本人に聞いておくことが必要です。

日用品を贈る場合は「実用性のある記念品」を贈ろう

還暦祝いのプレゼントでは、食器や時計、財布などの日用品や小物が人気です。
これらは記念品としてだけではなくて、長く使ってもらえるという実用性も兼ねているのが特徴です。

もちろん、本人が使いそうなものを選ぶというのが大前提です。

贈ってはいけないもの

老眼鏡補聴器など、後々使うだろうと思って贈っても本人は老人扱いされてよく思わない物もあります。
お茶は贈り物に定番ですが、香典返しなどの弔事によく用いられるためお祝いの席では避けられる傾向にあります。
また、目上の人へは靴下など、「踏みつける」ことを連想させる履物を贈らないのがマナーとされています。

食事会は必須

プレゼントを贈る場合でもやはり家族で食事会は必須です。
いつもより豪勢な食事を囲って、家族が揃うことが何より嬉しいものです。

贈る人別のオススメプレゼント

どのようなプレゼントを贈ればよいかは以下の記事にまとめてあるので、御覧ください。

還暦祝いを催促されたら

お祝いをする場合は事前に日程を知らせよう

お祝いは催促されるものでもありませんが、還暦祝いは父の日、母の日などと異なり、正月から年末までいつ行われるかが不明瞭なお祝いごとで、還暦祝いをして欲しい人であれば不安な面もあるのです。
そこで、どうしても還暦祝いを催促してしまうこともあるでしょう。

お祝いごとはサプライズももちろん喜ばれるのですが、還暦祝いは計画をしてお祝いをしてあげるとお祝いされる側も安心するかもしれません。

両親から催促された場合

もちろん、お祝いをお願いされた場合はよほどの理由がない限りお祝いをしてあげたほうが良いでしょう。
この時、大事なのは旦那さん側のご両親であれば旦那さんが、奥さん側のご両親であれば奥さんが主導して企画してあげることです。
やはり実の子の方がコミュニケーションもとりやすいですし、義両親の場合は変に気を使ってしまうところもあります。

催促された場合は、両親が「還暦祝いに何を望んでいるか」にはより一層の注意が必要です。
欲しいものはあるか、旅行がしたいのか、催促された以上ミスマッチを起こさないようにしたいものです。

兄弟で還暦祝いの足並みが揃わないとき

還暦祝いの費用が大きい場合

還暦祝いでトラブルの原因となるのが還暦祝いの予算です。
両親への還暦祝いは3~5万円のものが多いですが、一方で温泉旅行や海外旅行などを計画して10万円以上の出費になることも珍しくありません。

両親に喜んでもらうことが大事ですが、あくまでも贈る側に無理のない負担となるようにすることに注意しないといけません。
特に兄弟夫婦ごとに負担できる金額というのは一致していないことも多いので、プレゼントを贈る際は予算のことで揉めないようにしっかりと合意をとって行うことが重要といえるでしょう。

どうしても足並みが揃わないとき

本来なら両親への還暦祝いは兄弟全員で祝ってあげたいものです。また、兄弟全員で還暦祝いを行えばその分一人あたりの負担も減るので経済的でもあります。

しかしながら、どうしても還暦祝いの考え方や予算の折り合いがつかない場合があります。

ケースバイケースですが、なかなか妥協点が見つからない場合は、諦めて個別にプレゼントするのも一つの手です。
贈る側も楽しんでこその還暦祝いです。
還暦祝いに対する考え方が一致してないのに、無理に一緒にやっても素敵な還暦祝いを作るのは難しいでしょう。

喪中に還暦祝いを行ってもいいの?

喪中とは

喪中とは、親族が亡くなった場合に一定期間身を慎むことを言います。喪中ではお祝い事をしたり、参加したりすることを控えます。
喪中の期間は人それぞれですが、両親が亡くなった場合は1年間は喪中とすることが多いようです。

還暦祝いはどうしたらいいの?

喪中のお祝いごとは可能であれば延期をしたほうが良いと言われていますが、還暦祝いは60歳になる年に行うものです。
延期をしてもよいものなのでしょうか。

四十九日以後に行う

現在では、喪中であっても忌明けの四十九日以後にはお祝いごとを行うごとが多いようです。
例えば結婚式などでは、式場の予約をキャンセルし、再び参加者の日程を合わせる必要があるなど、延期と一言で言っても実際は大変です。
元々喪中の期間は厳密には決まっていないので、関係者の了承があれば結婚式を行うことも多いのです。

したがって、還暦祝いにおいても四十九日を過ぎているのであれば、還暦祝いを行うかどうかを確認した上でお祝いをしてあげると良いでしょう。
もちろん、悲しみが癒えず、とてもお祝いなどしていられない場合などは控えるべきです。

還暦の年にお祝いができなかったとき

意外と多い還暦忘れ

両親の年齢をすっかり忘れてしまい、気づいた時には既に還暦を過ぎていたということは意外に多いです。
あるいは、還暦の年に何らかの事情でお祝いができない場合などもあります。

還暦祝いを改めてやる

お祝いごとは後回しにできる」とよく言われていますが、これは「弔事は後回しにしてはいけない」という強いルールが存在しているからです。
不幸があった場合はお祝い事があっても弔事を再優先します。その場合、慶事は当然後回しにされるわけです。

したがって、還暦祝いを忘れていた場合は、翌年でも翌々年でも還暦をお祝いをしてあげるべきでしょう。

普通の誕生日を少し豪華に

還暦を過ぎたのに「還暦祝い」を改めてやるというのに何か違和感がある方は、普通の誕生日祝いを豪華にするという方法を取るとよいでしょう。
還暦の年にお祝いできなかったことをお詫びして、還暦祝いの分も誕生日をお祝いすれば喜んでもらえると思います。

その際、70歳の「古稀」は必ずお祝いするなど、次の長寿祝いのことにも触れておくと良いでしょう。

せっかくのお祝いがトラブルで台無し!なんてことは絶対に避けたいですよね。
そういう点では、ほしいものなどははっきりと聞いておく方がいいかもしれません
家族や親族だからこそ、トラブルは起きやすいもの。
しっかりと普段からコミュニケーションを取っておくことが一番大切なことかもしれませんね(^^)