予算から選ぶ還暦祝い!プレゼントの費用と相場

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_m

プレゼントを選ぶ上で重要なのが還暦祝いの予算です。

還暦祝いの予算は何を贈りたいかによって予算を決めるのがベストですが、
還暦のお祝いにいくらまで出せるか、またいくら以上出してあげたいかを決めておけばプレゼント選びもスムーズになります。

還暦祝いの相場

還暦祝いの予算を決める上で気になるのが還暦祝いの相場です。
やはり一般的にはどのくらいのものをプレゼントしているのかはとても参考になります。

還暦祝いの相場はおよそ3万円前後を選ぶ人が多いと言われています。
少し古いですが平成8年の三和銀行の調査でも長寿祝いの最多回答額は3万円です。
最近だと、電報サービスを展開するVERY CARDによるアンケート調査によると還暦祝いの費用で最も多かった回答は1~3万円で41%です。ついで、4~6万円の24%、1万円以下の20%、10万円以上も15%程度の回答が得られています。

また、一般に還暦祝いを贈る人によっても相場は変わるとされています。
両親へ贈る場合は3~5万円、祖父母に送る場合は1万円〜3万円、職場の人やお世話になった人に贈る場合は5000円〜1万円などです。
関係性が遠い場合、還暦祝いのお返しもあるので、あまり高額なプレゼントだとかえって困惑されることもあるからです。
これらはあくまでも目安程度に考えておくとよいでしょう。

両親の還暦祝いの注意点

予算についての注意として、両親に送る場合は旦那さん側と奥さん側、双方の両親にその都度お祝いが訪れます。
本人が喜ぶものを贈ってあげる事が大事とはいえ、両家の両親へのお祝いの予算はできるだけ差が無いようにしたいところです。
親への還暦祝いの予算を決めるときは、それぞれの親の還暦祝いの予算のことも頭に入れておくと良いかもしれません。

還暦祝いの予算ごとにプレゼントを選ぶ

では、実際に予算ごとにどのようなプレゼントを贈ることができるのでしょうか?
それぞれの価格帯で人気のプレゼントを見て行きましょう

予算3万円以上のプレゼント

特に両親への還暦祝いは3万円以上になることが多いです。職場の方、お世話になった方への還暦祝いの場合、あまり高額なプレゼントを贈るとお返しに困る場合も考えられます。

予算3万円以上のプレゼントの定番は温泉旅行です。夫婦水入らずの温泉旅行を贈る場合は3万円~5万円のものを贈ることがほとんどです。

また、家族全員で行く旅行であれば宿泊代の他に、新幹線などの移動費、飲食費、おみやげ代などもその分増えてくるので、必然的に予算は増えてくるでしょう。予算は多めに見積もって旅行計画を立てる必要があります。兄弟姉妹で費用を折半すると良いでしょう。

父親向けのプレゼントだと時計財布万年筆など、高級感のある一品をプレゼントしようと思ったら予算は5万円前後のものを選ぶ事が多いです。

母親向けのプレゼントだとバッグジュエリーなどが人気です。高級ブランドなどお値段が張るものが多いですが、その分女性なら喜ぶプレゼントも多いものです。母親に似合いそうなものを選んで贈ってあげると喜ばれるでしょう!

3万円以上のプレゼントは全体で見るとそんなに少ない割合でもありません。予算をかける分、その分プレゼント選びが重要です。父親、母親の好みなどをしっかりと下調べして、失敗の無いようにしましょう。

予算1〜3万円のプレゼント

最も多いのが1〜3万円のプレゼントです。リーズナブルな価格帯ですが、工夫を凝らした満足感の高い商品が多い価格帯でもあります。

夫婦のみであれば、格安プランを探せば2食付きで3万円以下のプランもあります。費用は抑えられますが、格安の温泉宿選びには注意が必要で5万円以上の旅行券の方が無難かもしれません。

父親向けの時計・財布などは、リーズナブルで高機能・高品質なラインナップが目立ちます。この価格帯でも十分に高級感はありますが、こだわりを持っている場合はプレゼント選びが難しい価格帯でもあります。

父親に人気のゴルフや釣りに関するプレゼントも、ゴルフクラブや釣り竿などのメインのグッズ以外のウェアや小物などがオススメです。
父親は趣味の一品にはお金をかけていることが多く、逆に言うとそれ以外の小物に関してはあまりお金を掛けていないことが多いのです。
ゴルフウェアや手袋などや、釣りで言えばライフジャケットなど安全面にも配慮したものを贈ってあげると喜ばれるでしょう。

母親向けのバッグも、よりリーズナブルでおしゃれな国内ブランドが人気の価格帯です。日本ブランドは品質も良く、還暦前後の女性の年代にも人気があります。高くなりがちな海外ブランドも物を探せば見つかる価格帯でもあります。
また、ジュエリーもペンダントやイヤリングなど、3万円以内でもかなりの品揃えがあります。

この価格帯で女性向けのプレゼントとしてオススメなのがプリザーブドフラワーです。生花の美しさを保ったまま、保存性を高めた加工を施したもので、湿気や紫外線を避ければ長期間その美しさを保つことができます。また、生花だと意外と手入れが大変なのですが、プリザーブドフラワーは手入れをする必要がありません。まさにプレゼントに最適の花だと言えるでしょう。

また、この価格帯は様々なオーダーメイド商品があります。財布や時計やバッグは上を見れば上限はありませんが、メモリアルグッズはオンリーワンの贈り物になるということが一番のメリットです。

還暦祝いのオーダーメイド商品は、湯のみワイングラスなどに名前や感謝のメッセージを刻印するものが主流です。
これらはただ記念品として飾られるだけでなく、日用品としても普段使えるものばかりなので、実用性もあり人気があります。

また、最近人気があるのがプロの似顔絵師に描いてもらった似顔絵を贈ることです。
本人の特徴をとらえた似顔絵は、プレゼントされる側は思わず笑顔になること間違いなし!
柔らかなタッチの似顔絵に思いを込めたメッセージやポエムをのせて、忘れられない贈り物にすることができます。

予算1万円以下

贈り物に大事なのは気持ち。1万円以下の贈り物も思いを込めたものであればきっと喜んでもらえます。

この価格帯では普段使っている小物や洋服などを贈るのが一番還暦にちなんだ赤本人が好きな色を選んで、本人が使ってくれそうな一品を選ぶことが大事です。

あるいは、プレゼントに回す予算を会食やパーティの予算に回したほうが良い場合もあります。
還暦祝いは何よりも自分のために集まってくれることが何より嬉しいもの。
いつもより豪華な食事を囲みながら、お祝いの手紙やメッセージを贈ることが最高のプレゼントになるのではないでしょうか。

「プレゼントは気持ちが大切!」とは分かっていながら、やっぱり相場って気になりますよね(^_^;)
とは言っても、思い出に残る還暦祝いになるにはどんなプレゼントがいいのかという視点で選んであげてほしいなと個人的には思います。
アンケート調査の最多回答額の「3万円」って想像より高いなと思ったのですが、プレゼントが旅行ならそれぐらいの金額になりますので、そんなものなのかもしれませんね。