還暦祝いと他のお祝い

還暦祝いと別のお祝い事を一緒に行ってもいいのでしょうか?よく「別々のお祝い事を一緒にしてはいけない」と言われますが、これは守らなくてはいけない作法というよりも、喜んでもらえるお祝いをしたいと思った時の鉄則といえるのではないでしょうか。

例えば、ご両親の還暦祝いとお子様の七五三を一緒に行ってしまったら・・?ご両親へ還暦祝いを用意したとしても、ご両親はお孫様への七五三祝いを用意することになりますよね。主役が何人もいるのでは、誰をたてれば良いのかわからなくなり、どこか不満の残るお祝い事になってしまいそうです。
「喜んでもらう」ことに焦点をおけば、同時にお祝い事を行うのは難しいことといえるでしょう。

また、結婚祝いと出産祝いを一つにして贈り物をしてはいけない事はご存じでしょうか?出産祝いは何度あってもよい祝い事なので熨斗が紅白蝶結びなのに対して、結婚は一度きりであってほしいという意味合いを込めて熨斗は紅白結び切りになります。そういった違いから、たとえ結婚・出産が同時期であっても別々に分けて贈る必要があります。

このように、同時にお祝いすることに適さない場合には、別々に行った方が良いと言えます。

では、還暦祝いと一緒にできるお祝いは無いだろうかと考えた時、60歳で「定年退職」する方のお祝いはどうでしょうか。
退職祝いと還暦祝いは、お祝いの意味合いが非常に似ています。定年退職まで長年働いてきた感謝の気持ちと、60歳を迎え、これまで長く家族を支えてくれた感謝の気持ち、第二の人生への励ましの気持ちはどちらにも共通しているのではないでしょうか。
結婚祝いと出産祝いのように熨斗の違いなどもないので、作法的にも問題ありません。

退職される時期と、還暦祝いを行う時期を重ねる事ができるなら、同時に行っても良いかもしれません。一緒にお祝いするにしろ、それぞれのお祝いを行うにしろ、自分のために時間を使い、心を砕いてくれる人たちが集まってお祝いしてくれる、そのことに何よりも喜びを感じるのではないでしょうか。