メッセージ入り古希祝いプレゼントを贈るならお祝いギフト工房 古希祝い店

お祝いギフト工房-古希祝い店-
  • ホーム
  • はじめての方へ
  • 発送・お支払い方法
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要

還暦の次は「古希」。古希とは何か、気になる意味や由来をご紹介

日本には、数え年で60歳を迎えた方々を「還暦」、88歳を迎えた方々を「米寿」と呼び、『これからも若々しく元気で長生きしてくださいね』という応援メッセージと共に周囲の人々が長寿にあやかるために長寿をお祝いする会を催す風習があります。
ですが、あまり知られておりませんが、還暦と米寿のあいだには、古希・喜寿・傘寿と呼ばれる節目の年があり、数え年でその節目の年を迎えられた方々を祝福するのが習わしとなっています。

特に、数え年で70歳を迎えられるおじいちゃん、おばあちゃんは「古希」と呼ばれ、日本だけではなく中国でも盛大なお祝いの会が家族や親戚によって催されるそうです。

ところで、なぜ数え年で70歳の方々を「古希」というのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

古希の意味や由来

古希とは、数え年で70歳を迎える方々のことであり、昔は「古稀」と呼ばれていたそうです。

古希と呼ばれるようになった由来は、中国盛唐時代に活躍されていた詩人・杜甫 (とほ)によって記された「曲江詩」に記載されている詩句『酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり』であると考えられています。

この詩句の意味は、『酒代のつけは私が普通に行く処にはどこにでもある。しかし、70年生きる人は古くから稀である』であり、当時中国では40歳以上生きられる人は、とても珍しく、以降10歳ごとに誕生日を無事に迎えた方々に対して長寿祝いを行うという習慣が生まれたそうです。

しかし、時代は流れ、世界各国で著しい医療技術の進歩や健全なライフスタイルへの変化などが起こり、日本をはじめ、世界各国で長生きされる方が増えており、昔は燦たる長寿祝いとして古希祝いを催す方々も大勢いましたが、現代ではあまり盛大な古希祝いをしないのが一般的となっています。