還暦祝いと退職祝いを一緒に行ってもいいの?

60歳に迎えるもう一つの節目「定年退職」

0d8ee6c371902d77196ab3bc4c976bd8_m

60歳に多くの人が迎える節目

数え年61歳、すなわち満60歳になる年に還暦祝いを行いますが、この年に多くの人が迎えるもう一つの節目が定年退職です。

改正高齢者雇用安定法により65歳定年制が導入されましたが、60歳で一度退職して希望者は再雇用する再雇用制度を導入している企業が圧倒的に多いのが現状です。

定年退職のお祝い

成人や結婚などに続き、定年退職もまた人生の大きな節目です。
会社にとっては会社に長年貢献してくれた方への感謝、家では家族を支えるために長年働いてくれた方への感謝を伝える機会でもあります。

食事会を開いたり、プレゼントを贈ったりすることで定年退職祝いを行う方が最近多いようです。

還暦祝いと退職祝い

kanreki-teinen

別のお祝い事を一緒に行ってはいけない?

還暦を迎える方が定年退職される場合は、還暦祝い定年退職祝いを一緒にやるか、別々にやるかを考えなければなりません。

よく「別々のお祝い事を一緒にやってはいけない」と言われます。
これは絶対守らなければならない作法というよりも、喜んでもらえるお祝いをしようと思ったときの鉄則と言った方が良いでしょう。

例えば、子供の七五三と両親の還暦祝いを同時に行ってしまったら、お子さんとご両親、双方にお祝いを行ってもご両親はお孫さんへお祝いを用意しているでしょうし、どうしても主役はお子さんになってしまいそうですよね。
お祝いされる人に本当に満足してもらうことを考えたら、同時にお祝い事をするのは難しくなりがちなのです。

また、出産を機に結婚というのも昨今では珍しくありません。
出産祝いと結婚祝いは、ご夫婦に対するお祝いで一見同時に行えそうなものですが、これも結婚出産を一つにして贈り物をしてはいけないと言われています。
出産祝いは何度あってもよい祝い事なので熨斗が紅白蝶結びなのに対して、結婚は一度きりであってほしいという意味合いを込めて熨斗は紅白結び切りになります。
なので、同時期に出産・結婚をする人へのお祝いであっても、結婚祝いと出産祝いは別々に分けて贈る必要があるのです。

このように、同時にお祝いをすることで満足のいくお祝いができない場合や、作法として同時に行うことが適切ではない場合は、お祝い事を別々に行ったほうが良いと言えるのです。

還暦祝いと定年退職祝いは一緒にしてもいい?

では、還暦祝いと定年退職祝いはどうでしょうか。

還暦祝いと定年退職祝いは、お祝いの意味合いが非常に似ています。還暦祝いは長寿のお祝いですが、現代では60歳という年齢はまだまだ若々しく、家族を長年支えてくれたことへの感謝これから第二の人生をスタートすることへの激励という意味合いがどちらかというと強いですよね。

これは定年退職祝いとも通じています。また、結婚祝いと出産祝いのように熨斗の違いなどもなく、紅白蝶結びでOKです。
「喜んでもらえるお祝いをする」ということを考えたときに、還暦祝いと定年退職祝いを一緒に行うことは何も問題はないということが分かります。

還暦祝いと定年退職祝いを一緒にやるか、別々にやるか

以上のことを踏まえて、改めて還暦祝いと定年退職祝いを一緒にやるか、別々にやるかを考える必要があります。

多くの人が3月末日の退職でしょうから、お正月から3月までにかけて家族一同が揃うことができるのなら、還暦祝いと定年退職祝いを同時に行ってもよいでしょうし、
逆に家族旅行などで「ゴールデンウィークやお盆の時期に還暦祝いを行いたい!」と言った場合には、まず定年退職をお祝いし、改めて還暦祝いを行うのも良いでしょう。

還暦祝いは何よりもお子さんやお孫さんなど、より多くの人が集まってくれることが何より嬉しいものです。
還暦祝いにご家族が全員揃うことのできる時期を踏まえて、定年退職祝いと兼ねるかどうかを決めるのが一つのポイントと言えます。

私も還暦祝いを定年退職祝いと一緒にすることは特に問題はないと思います。
最後に書かれているように、より多くの人が集まって盛大にお祝いしてくれることが何より嬉しいと思います。
一生に一度の還暦祝いが心に残る素敵な一日になるように、当店も力及ばずながら協力させていただきます(^^)