名入れやメッセージで世界に一つの米寿祝いプレゼントがお祝いギフト工房 米寿祝い店で見つかります

お祝いギフト工房-米寿祝い店-
  • ホーム
  • はじめての方へ
  • 発送・お支払い方法
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要

米寿とはいくつのお祝い?気になる由来やしきたりをご紹介

日本には古くから長寿を祝う風習があります。
この風習は、奈良時代の頃から行われていると言われており、数え年で61歳を迎えた六十路の還暦から始まり、その後70歳「古希 (こき)」、77歳「喜寿 (きじゅ)」、80歳「傘寿 (さんじゅ)」と、それぞれの数え年で節目となる年を迎えた方々に「これからも元気で長生きしてください」という意味を込めてお祝いします。

では、米寿とは数え年でいくつのお祝いになるのでしょうか。

米寿とはいくつのお祝いなの?

米寿とは、数え年で88歳を迎えた方々のことです。

近年、医療制度の充実やライフスタイルの変化、若者よりも高い社会参加意欲など様々な要因が重なり、日本の平均寿命が男性80.79歳、女性87.05歳と今までの平均寿命を大幅に超えており、本当の意味での長寿のお祝いとなっています。

さて、ここでなぜ88歳の方々を「米寿」と呼ぶのかと気になった方も多いのではないでしょうか。

米寿の由来は、「米」という文字を分解すると「八・十・八」になることが由来だと言われており、地域によって「米の祝い」や「こめの字の祝」、「よねの祝い」などと呼ばれています。

米文化である日本では、米寿に対して特別な感情が込められており、還暦や古希、喜寿など他の長寿のお祝いよりもたいへん重要視されているお祝いとなっています。
また、末広がりの「八」の文字が2つ重なっていることや88歳という年齢が日本の平均寿命よりも高いことも、米寿のお祝いが長寿祝いのなかでも大切にされている要因だと考えられています。

米寿祝いのしきたりとは?

還暦祝いでは、数え年で60歳を迎えた方へ赤いちゃんちゃんこや赤い座布団など「赤色」のものを贈るのがしきたりとなっていますが、米寿祝いの場合、どのようなしきたりがあるのでしょうか。

米寿祝いでは、「米」という文字にちなみ、古くからごはん炊く際に用いられる「枡の斗掻 (とかき)」や「火吹竹 (ひふきだけ)」を贈るのがしきたりだったようです。

しかし、現代ではごはんを炊く際にこれらの道具を使うことがありませんので、おいしいごはんが炊ける土鍋やおひつ、オーガニック米や日本各地の絶品ブランド米などお米にちなんだ品物を贈ったり、縁起の良い金茶色や黄色、金色の日用品や洋服を贈るのが一般的となっています。

ただし、米寿を迎えた方々が受け取って困るような品物を贈るのはご法度ですので、相手の趣味や嗜好に配慮した贈り物を選ぶのがポイントです。

米寿祝いのマナーについて

長寿を祝う節目の年のひとつ「米寿」をお祝いする際、必ず主役である米寿の方の希望に沿ったお祝いをするようにしてください。

これまでの米寿祝いは、米寿を迎えた方に金茶色のずきん・金茶色のちゃんちゃんこ・金茶色の座布団などを家族や近親者が贈り、お祝いに参加してくださった方々に枡の斗掻や火吹竹を贈るのが一般的だったのですが、最近では家族旅行や食事会を開催してほしいという方も多いため、各地の宿泊施設や飲食店では長寿祝いに関する様々なサービスを展開しています。

米寿祝いを行う場合、基本的には主役の方の誕生日に行うのが良いとされていますが、平日の場合、学校や仕事を休まなければならなくなるため、敬老の日などの祝日に行うのが良いとされています。

もし、米寿祝いの案内を受け取った場合、縁起が良いとされている金茶色・黄色・金色の品物を意識して選ぶと良いと言われていますが、なかなか個性的な色でもありますので、良い贈り物が見つからない場合は、実年齢よりも若々しくてちょっぴり派手なものを選ぶと主役の方も喜ばれるかと思います。

米寿祝いの贈り物は、基本的にお祝いの会当日に持参するのが望ましいのですが、どうしても外せない用事がある場合は、敬老の日もしくは米寿を迎える方の誕生日前日までに届くように贈るのがマナーとなります。
その際、表書きを「長寿御祝」「米寿之御祝」「祝米寿」とし、金銀または紅白の蝶結びかあわび結びの熨斗紙をかけて贈りましょう。

店長
いかがでしたか。 米寿とは、日本人にとってとても大切な長寿のお祝いであり、「これからも若々しく元気で長生きしてほしい」という願いと「彼らの長寿パワーを少し分けてもらう」という意味を込めてお祝いの会を開くのが日本の伝統となっています。 もうすぐ数え年で88歳を迎えるおじいちゃんやおばあちゃんが居るという方は、この機会に素敵なプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。