日本の長寿祝い

60歳を祝う「還暦祝い」は大変ポピュラーなお祝いですが、他にも節目節目に長寿を祝う習慣があります。良く知られているのは70歳の古希、77歳の喜寿、88歳の米寿あたりではないでしょうか。それぞれ「基調色」があり、還暦は赤、古希・喜寿は紫、米寿は黄色で、赤には魔除けの意味あいがこめられ、紫は高貴な色、黄色は中国で皇位を表す色と、それぞれに意味があります。

長寿祝いの年齢は、基本的には「数え年」が基準となっています。生まれた年を1歳とし、正月を迎えるたびに1歳ずつ増えていく数え方です。(例えば、数え年で61歳に祝う還暦は満60歳、77歳を祝う喜寿は満76歳となります。)
ただ、現在では数え年を用いる場面も少なくなり、一般的に「満年齢」の方が馴染みが深いことから、長寿祝いも満年齢で祝うことが増えています。必ずしも数え年・満年齢にこだわることなくお祝いをしても良いのではないでしょうか。

下の表は主な長寿祝いの一覧です。基調色については、地域などによって差がある場合もあるため、必ずしもこの色と決まっているわけではありません。
1回目の還暦祝いで喜んでもらえたら、2回目の還暦となる120歳の大還暦も迎えられるかもしれませんね!

年齢(数え年) 長寿祝いと由来 基調色
61歳 還暦(かんれき) :干支が一巡することから、「暦」が「還」ることから。
70歳  古稀(こき):唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」という詩から。
77歳  喜寿(きじゅ):「喜」の草体が「七十七」に見えることから。
80歳 傘寿(さんじゅ):「傘」の略字が「八十」と分解できることから。
88歳 米寿(べいじゅ):「米」の字が「八十八」と分解できることから。
90歳 卒寿(そつじゅ):「卒」の略字が「九十」と分解できることから。
99歳 白寿(はくじゅ):「百」の字から「一」を引くと「白」になることから。
100歳 百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ):文字通り「百」から。
108歳 茶寿(ちゃじゅ):「茶」の字が「十」が2つと「八十八」に分解できることから。
不枠(ふわく):「枠」の字が「十」と「八」と「九十」と分解できることから。
111歳 皇寿(こうじゅ):「皇」の字を分解すると「白(=99)」と「十」と「一」が2つに分解できることから。
川寿(せんじゅ):「川」が「111」と読めることから。
120歳 大還暦(だいかんれき):2回目の還暦を迎えたことになることから。
昔寿(せきじゅ):「昔」の字が「廿(=20)」と「百 」に分解できることから。