還暦祝いをする時期は?

還暦祝いを行う時期はいつがいいのでしょう?誕生日、もしくはお正月でしょうか?
結論から言うと還暦祝いをする時期というのは厳密には決まっていません。昔は数え年で61歳のお正月に祝っており、現在では満年齢の60歳の誕生日にお祝いをする方もいらっしゃいますが、還暦祝いを行う時期は、お祝いをする側が決めるものと思っていいでしょう。
わかりやすい誕生日はもちろん、正月やお盆など親族や友人など、人が集まりやすい長期休暇の時期を選ぶのもおすすめです。

【誕生日にお祝い】

最もわかりやすいのは、満60歳の誕生日に還暦祝いを行うことです。職場の方や知り合いに贈るなら特にオススメ!ただ、親族で集まってお祝いする場合などは平日であったりして休みが合わない場合もありますので、誕生日前後の休日などにずらしてお祝いしてはいかがでしょうか?

【お正月にお祝い】

元々、還暦祝いはお正月にお祝いするものでした。赤いちゃんちゃんこを贈るのも、時期的に防寒も兼ねているようです。毎年お正月は皆で集まるのが習慣になっているなら、大人数の予定を合わせる大変さを回避できそうです♪もし、古式ゆかしく数え年で還暦祝いを行うなら、61歳になる年のお正月ということになります。

【ゴールデンウィークやお盆などの長期休暇】

長寿のお祝いということで、親戚一同集まってお祝いすることも珍しくありません。そんな時に一番苦労するのが、集まる日をいつにするかの調整ですね。大型連休やお盆など、長期休暇になることが多い時期なら、集まりやすくオススメです。
お盆という時期にお祝い事をしてもいいのか気にする方もいらっしゃいますが、お盆はあくまでも先祖の霊を迎えて供養する行事であり、その時期にお祝いをすることは何も問題ありません。お祝いごとを避けた方がいいのは忌中や喪中で、最近は喪中でも忌明けであればお祝いをすることも多いくらいです。

【敬老の日もおすすめ】

長寿を祝うということで、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とした「敬老の日」は還暦祝いにぴったり!9月の第三月曜日が敬老の日ですので、その日にお祝いすることも検討してみてはいかがでしょうか。

今の還暦祝いは、絶対にこの日にお祝いしなくてはいけないという概念がありません。いつ祝うかよりも、喜んでもらうことに重点を置いて、心に残る素敵な還暦祝いを行いたいものですね。