母親に贈る還暦祝いプレゼント

家族を支え、いつでも包み込んでくれるお母さん。母親または女性に贈る還暦祝いはどのような物があるのでしょうか?
60歳といっても、まだまだ若くてキレイなお母さんはたくさんいらっしゃいます。女性らしく年齢を気にする方も多いので、あまり60歳を強調しない、女性がもらって嬉しい還暦祝いを贈ることができたらいいですね♪

【花を贈る】

還暦祝いに限らず、お祝い事の際に「お花を贈る」というのは定番中の定番ともいえ、人気のプレゼントのひとつです。
還暦にちなんで、赤い花を60本贈るというのも素敵ですが、現実に60本の生花をもらったらと考えると、お手入れが大変な点、すぐに枯れてしまう点が気になりますよね。かといって造花となると、保存性が高いですが、どうしても作り物感があり贈り物には不向きかもしれません。

その問題点を解決するお花として人気があるのがプリザーブドフラワーです。生花を加工して保存性を高めた花で、水を与える必要がなく、長期に形を保てることが特徴です。湿気や紫外線を避ければ5年以上形を保つこともあり、生花の美しさと造花の保存性の高さを兼ね揃えています。

プリザーブドフラワーを使ったメモリアルグッズも多数あり、時計とプリザーブドフラワーの組み合わせや、ボトルに閉じ込めたものなど、お名前やメッセージを刻んだ贈り物ができる品物もあるので、お花を贈りたい方におススメです♪

【旅行を贈る】

一般に男性よりも女性の方が旅行好きと言われていますし、人生の節目にホッと一息付ける温泉旅行は定番と言えるほど人気があります。

仲の良いご両親に贈るなら、二人きりの旅行をプレゼントするのもいいでしょう。旅行券やカタログギフトなどがおすすめです。
でも、お祝いをするなら家族全員で旅行に行けば、とっても喜ばれるはず!自分の為に集まってくれるというだけでも喜んでもらえるのではないでしょうか。

温泉旅館の選び方は日程と予算が重要。「家族が集まる」という事が大事なので、無理をして遠方に行くこともないかもしれません。近場の有名な温泉から探してみると良いでしょう。

温泉旅館に還暦祝いのプランがある旅館も良いでしょう。還暦にちなんだ豪勢な食事や赤いちゃんちゃんこのレンタルなども行っている旅館もあります。
また、家族水いずらずで行うために、他の客に気を使わない食事の部屋出しができる温泉旅館もオススメです。

【ジュエリーを贈る】

母親といえども一人の女性。宝石・ジュエリーのプレゼントは定番の一つと言えるでしょう。還暦にちなんだ赤色の宝石を贈るなら、ガーネット・ルビー・珊瑚などが人気ですが、宝石言葉に気持ちを託したり、ご本人が好きなジュエリーにしたり、誕生石を贈る場合など様々です。

宝石というと高価なイメージがありますので、予算が気になるところですが、意外とリーズナブルなお値段のものも多くあり、予算に合わせたプレゼント選びができます。

還暦祝いというだけで赤いジュエリーを贈ってしまうと、主張が強い宝石が多いこともあり、贈られる側の好みによっては身に着けてもらえない場合も考えられますので、ご本人合うジュエリーを選んであげて下さい。

【メモリアルグッズ・記念品】

お母さんに贈り物をする機会というのは、実は毎年ありますよね。感謝を込めて赤いカーネーションやプレゼントを贈る「母の日」です。日頃の感謝を形にするということで、毎年プレゼントを贈っている方も多いのではないでしょうか。

だからこそ、一生に一度しかない還暦祝いには「還暦祝いでしかあげられないもの」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

人気が高いのは、日常的に使える品物にメッセージやお名前、日付などを刻印できるメモリアルグッズで、記念日をずっと残しておける点がポイントです♪贈る相手のお名前を織り込んだポエムを刻んだアイテムなども、世界に二つとない贈り物から伝わる気持ちに感激したと喜ばれているようです。

他に世界に二つとない、プロの似顔絵作家に描いてもらった似顔絵も大変人気が高く、似顔絵にメッセージやお名前を織り込んだポエムを添えてプレゼントするのが大人気となっています。
オーダーメイドになりますが、1.5万円から3万円程度で依頼することができ、還暦祝いの予算としてはむしろリーズナブルかもしれません。似顔絵のクオリティも高く、喜びの声をいただくことが多いアイテムになります。

父親・男性よりも、母親・女性へのプレゼントの方が正直気を使うかもしれませんが、皆がお祝いをしてくれる、その気持ちが何よりもお母さんを喜ばせるのではないでしょうか。