職場の人に贈る還暦祝い

会社の上司・先輩への還暦祝い、何を贈ればいいのか悩みませんか?

60歳といえば、定年退職の年齢ですね。お世話になった方なら、退職祝いに加えて還暦祝いも兼ねた贈り物をすることも検討してはいかがでしょうか。
ただ、現在では60歳で定年退職をしても、再雇用で引き続き会社勤めを続ける場合もかなり多くなっていますので、そういった場合は退職祝いではなく還暦祝いとしてお祝いしてあげたほうが良いでしょう。

【上司への還暦祝いで注意するポイント】

目上の方にプレゼントを贈る際、注意したい点があります。還暦祝いに限らず、目上の方にプレゼントしてはいけないとされているのは「靴や靴下などの履物」と「かばんや文房具」です。
靴や靴下などの履物は「相手を踏みつける」という連想が嫌がられるためで、また、かばんや文房具などは「勤勉に働いてください」という意味合いになることから、どちらも目上の方に贈る品としてはNGになります。

特に上司や先輩が女性であった場合、還暦=年寄りといった印象を抱いてしまう方もいらっしゃいますので注意が必要です。これからもずっと若々しくいて下さい、といったメッセージが伝わるような、年齢を感じさせないプレゼントをおすすめします。

個人的に特に親しくしていた方に贈る場合を除いて、個人でバラバラに贈るよりも、お世話になった方々全員で記念品を贈る方が、もらう側にとっても贈る側の予算的にもベターな選択ではないでしょうか。

【お花を贈る】

お祝いといえば、やっぱりお花ですね!生花やプリザーブドフラワーは男女関係無く喜ばれる贈り物の定番ですプリザーブドフラワーは、加工が必要な分生花よりも費用は高くなりますが、5年以上美しさを保つものも多く、長く楽しめるという点でもおすすめです。

【似顔絵を贈る】

プロの似顔絵作家に本人の特徴を捉えた似顔絵を描いてもらい、そこに感謝のメッセージなど添えた贈り物が人気です。世界に一つというオリジナリティと、あたたかみのある似顔絵は、贈られた方にとって一生の記念になるということで大変人気のあるアイテムです。
メッセージは感謝を伝える定型文を入れた物や、お名前を織り込んだ詩をプロ作家に描いてもらうものなどがあり、気持ちを伝えたい方におすすめです。

【名前・メッセージ入りの食器を贈る】

日常的に使ってもらえる品物を贈るなら、ちょっと特別な食器はいかがでしょうか。
お酒好きの上司であれば名前やメッセージの入ったグラスやボトルをおすすめします。ワイングラスやロックグラス、徳利など、実用性を兼ねた記念品として人気です。

【趣味のものを贈る】

還暦祝いを贈りたい方の趣味がはっきりしているなら、趣味に関連したものを贈るのもひとつの手です。

男性の場合ですとポピュラーなのはゴルフや釣りしょうか。ただ、男性は趣味のグッズにはこだわりをもってお金を掛けている方が多いので、満足してもらえるプレゼントにするのは難しく、避けたほうが無難でしょう。
おすすめしたいのは趣味周りの小物です。ウェアや帽子や手袋などを還暦にちなんで赤色にしたり、お名前やメッセージを入れて贈ってみるのはいかがでしょうか。

女性の場合は、思いつきやすいものとしてバッグやアクセサリーがありますが、これらは本人の好みを良く知っていないといけないので、やはり避けたほうが無難でしょう。
おすすめしたいのは可愛いモノや日用品の小物です。女性に人気のあるテディベアに赤いちゃんちゃんこを着せた「還暦ベア」は女性への贈り物に最適♪テディベアの足にメッセージを刺繍することが可能なので、記念を残す贈り物にぴったりです。
また、アロマの香りが楽しめるアロマランプやアロマディヒューザーなど、日常を彩る雰囲気のあるインテリアもオススメです。

職場での関係は、家族とはまた違った絆があります。照れることなく、日頃の感謝を還暦祝いのプレゼントに込めて伝えたいものです。

還暦祝いの主役はご家族ですので、万が一、プレゼントがかぶってしまった場合も考慮すべきかも知れません。そのため、贈り物に職場からのプレゼントである事がわかるようなメッセージを入れることをおすすめします。