還暦祝いのお祝いの言葉

還暦祝いにプレゼントと一緒に贈ると喜ばれるもの、それは贈る方の気持ちが伝わるメッセージです。
感謝の気持ちや祝福の気持ちは、普段なかなか口に出せないものですね。還暦という第二の人生の節目にご両親やお世話になった方へ伝えてみてはいかがでしょうか。

メッセージを贈りたいとは思っても、何を書けばいいかわからないという方は多いと思います。メッセージを作る際のポイントとして、いくつか挙げていきますので、参考になる点があれば取り入れていただき、自分だけのオリジナルメッセージを作りましょう!

【還暦祝いは長寿のお祝い】

基本的に、還暦祝いの趣旨とは長寿祝い、長生きしてくれたことへのお祝いです。これまで健康に過ごしてくれたこと、そしてこれからも変わらず健康で長生きして欲しいという気持ちを文章にしてはいかがでしょうか。

【感謝の気持ちを伝える】

ご家族であれば、これまで家事や仕事で家族を支えてくれたことへの感謝の気持ちをメッセージにしましょう。「今まで家族を支えてくれてありがとう。」「お仕事お疲れ様でした。」など素直な気持ちを言葉にしましょう。形式ばった文章よりも自分の言葉で気持ちを伝えることが何より大切です。
また、職場の上司や先輩であれば、還暦を迎えたことのお祝い、長年の勤続、会社を支えてくれたことへの感謝を込めて、「大変お世話になりました」など目上の人に贈るものとして相応しいメッセージになるよう気を付けましょう。

【これからのことを書く】

感謝の気持ちはもちろんですが、これからの願いをメッセージにするのもおすすめです。例えば還暦を迎えるとともに定年退職をされる場合であれば、「これからは自分の趣味にを楽しんでね」など、これから迎える第二の人生を謳歌してほしいなどの願いを書いて、思いやりの心を伝えましょう。

・これからも長生きして欲しいという願い (例)「これからも健康で長生きでいてください」
・これからの時間を自分のために使って欲しいという願い (例)「これからは自分のために時間を使って充実した日々を送ってください」
・夫婦円満に仲良く過ごして欲しいという願い (例)「これからも夫婦で仲良く長生きしてください。」

【お孫さんからのメッセージは喜ばれます】

還暦を迎えた方が喜ぶのは、可愛いお孫さんからのメッセージです。お孫さんがいる場合は、ぜひおじいちゃん・おばあちゃんに対するメッセージを書いてもらいましょう。

【年寄り扱いと思われないよう気を付けて】

還暦祝いは長寿のお祝いですが、昔と違って現在の60歳は、まだまだ若くて元気な方ばかりです。還暦祝いをしてくれる気持ちは嬉しくても、何となく年寄り扱いされたみたいで内心複雑、という方もいらっしゃいます。

その点に気を配りつつ、メッセージを書く際は「いつまでもお若くお元気で」など、若々しいと感じている事が伝わるような文章にしましょう。

【還暦祝いのメッセージを英語で表現すると?】

ワインやブランデーなどのラベルにメッセージを載せる場合など、日本語よりも英語のメッセージの方が適している場合があります。

もちろん還暦という風習は英語圏にはありませんから、単に60歳の誕生日を示すone's 60th birthdayとなります。
よく使われるメッセージを英語で表現した場合をピックアップしました。

Congratulations on your 60th birthday!
Happy 60th birthday!
60歳の誕生日(還暦)おめでとう!
With thanks. 感謝の気持ちを込めて。
Life starts now. 人生これから。
Stay healthy forever. いつまでも元気で。

メッセージを書くのは気恥ずかしいものかもしれませんが、自分が贈られたらと想像すると、やっぱり嬉しいものですよね。一生に一度の機会なので、ぜひ心を込めたメッセージを贈ってあげて下さい。