還暦祝いの相場って?

プレゼントは気持ちが何よりも大切ですが、本音としては一般的にどのくらいの予算が相場なのか、気になりますよね。

還暦祝いの予算は何を贈りたいかによって決めるのが一番良いのですが、いくらまで出せるか、またいくら以上出してあげたいかを決めておけば、プレゼントの絞り込みに役立つのではないでしょうか。

【還暦祝いの相場】

還暦祝いの相場はおよそ3万円前後を選ぶ人が多いと言われています。電報サービスを展開するVERY CARDによるアンケート調査によると還暦祝いの費用で最も多かった回答は1~3万円で41%です。ついで、4~6万円の24%、1万円以下の20%、10万円以上も15%程度の回答が得られています。

また、還暦祝いを贈る人によっても相場は変わるとされています。一般的に両親へ贈る場合は3〜5万円、祖父母に送る場合は1万円〜3万円、職場の方やお世話になった方に贈る場合は5千円〜1万円が相場のようです。
職場の方など、関係性が遠い場合には、あまり高額なプレゼントだとお返しの問題などもあり、かえって困惑されるかもしれませんので、注意が必要です。
相場はあくまでも目安程度として考えてください。

【ご両親の還暦祝いの注意点】

ご両親に贈る場合、旦那さん側と奥さん側、双方の両親のことを考えなくてはなりません。本人が喜ぶものを贈ることが大事とはいえ、両家の両親へのお祝いの予算はできるだけ差が無いようにしたいところです。
還暦祝いの予算を決める際には、どちらか一方だけが目立つお祝いにならないよう、配慮をして決めると良いでしょう。

【還暦祝いの予算ごとにプレゼントを選ぶ】

では、実際に予算ごとにどのようなプレゼントを贈ることができるのでしょうか?
それぞれの価格帯で人気のプレゼントはどのような物でしょうか。

・予算3万円以上のプレゼント

職場の方や知り合いには高額な贈り物はあまりしないため、ご両親へ贈る場合がほとんどの予算3万円以上のプレゼント温泉旅行が定番です。夫婦水入らずの温泉旅行を贈る場合は3万円~5万円のものを贈ることがほとんどです。

また、家族全員で行く旅行であれば宿泊代の他に、目的地までの移動費、飲食費、おみやげ代なども考えなくてはいけません。その分の予算も含めて旅行計画を立てましょう。一生に一度とはいえ、無理をする必要はありません。

父親向けのプレゼントだと時計や財布、万年筆など、高級感のある一品が多いようです。記念になる逸品をということで予算は5万円前後くらいになるようです。

母親向けのプレゼントで3万円以上の予算なら、バッグやジュエリーなどが人気です。お母さんに似合いそうなものを選んで贈ってあげると喜ばれるでしょう!

3万円以上のプレゼントは全体で見るとそんなに少ない割合でもありません。予算をかける分、その分プレゼント選びが重要です。父親、母親の好みなどをしっかりと下調べして、失敗の無いようにしましょう。

・予算1〜3万円のプレゼント

最も多いのが1〜3万円のプレゼントです。比較的リーズナブルな価格帯ですが、工夫を凝らした満足感の高い商品が多い価格帯でもあります。

父親向けの時計・財布などは、リーズナブルで高機能・高品質なラインナップが目立ちます。この価格帯でも十分に高級感はありますが、こだわりを持っている場合はプレゼント選びが難しい価格帯でもあり、別の品を考える事も必要かもしれません。

母親向けのジュエリーも、ペンダントやイヤリングなど、3万円以内でもかなりの品揃えがあります。好みを把握していれば、喜んでもらえる品を贈る事ができそうですね。

ちなみに1〜3万円の価格帯の贈り物としてオススメなのはプリザーブドフラワーです。生花の美しさを保ったまま、保存性を高めた加工を施したもので、湿気や紫外線を避ければ長期間その美しさを保つことができます。また、生花だと意外と手入れが大変なのですが、プリザーブドフラワーは手入れをする必要がありません。まさにプレゼントに最適の花だと言えるでしょう。

もう一つおすすめしたいのが、オーダーメイド商品です。還暦祝いのオーダーメイド商品は、湯のみやワイングラスなどに名前や感謝のメッセージを刻印するものが主流で、オンリーワンの贈り物になるということが一番のメリットです。
これらはただ記念品として飾られるだけでなく、日用品としても普段使えるものばかりなので、実用性もあり人気があります。

オーダーメイドの中でも人気が高いのはプロの似顔絵師に描いてもらった似顔絵です。本人の特徴をとらえた似顔絵に、贈られた方が思わず笑顔になること間違いなし!
柔らかなタッチの似顔絵に思いを込めたメッセージやポエムをのせて、忘れられない贈り物にすることができます。

・予算1万円以下のプレゼント

1万円以下の贈り物も個人で贈るなら十分に高額といえるでしょう。贈り物に大事なのは気持ち。お祝いの気持ちが伝わる工夫を凝らせば十分に満足いくプレゼントができるでしょう。

この価格帯では普段使っている小物や洋服などを贈るのが一番!還暦にちなんだ赤や本人が好きな色を選んで、本人が使ってくれそうな一品を選ぶことが大事です。

あるいは、品物ではなく、会食やパーティを開くことも一つの手です。
還暦祝いは自分のために集まってくれることが何より嬉しいもの。心を込めてお祝いをしてあげることが一番です!