海外では「還暦」のお祝いってあるの?

日本では、数え年で61歳 (満60歳)を迎えられた還暦の方へ赤色の大黒頭巾やちゃんちゃんこ、座布団などを家族や親戚が贈り、無病息災や長寿をお祝いするのが、昔からの習わしとなっていますが、海外にも還暦のお祝いは存在するのでしょうか。

もともと還暦や古希などの長寿を祝う習わしは、古代中国発祥であると言われており、飛鳥時代の頃に日本へ伝わったと云われています。

では、中国の還暦祝いはどのようなお祝い方法なのでしょうか。

中国では、家族の誰かが還暦を迎えると、必ず家族全員が集合し、「紅包」と呼ばれる袋にお祝い金を入れて還暦を迎えた方へ渡し、盛大にお祝いするそうです。
日本も中国も家族揃ってお祝いをするという点は全く同じですね。

ところで、還暦や古希などの長寿祝い発祥の地・中国以外では、還暦のお祝いはどのように行われているのか気になりますよね。
特に国際結婚をされている方の場合、還暦祝いを行うべきか行わないべきか悩むことと思います。

では、ここで海外で実際に行われている還暦のお祝いをご紹介します。

■アメリカ
アメリカでは、60歳の誕生日のことを「ダイヤモンド記念日」と呼んでおり、還暦を迎えられた方へダイヤモンドを贈り、盛大なパーティーを催すのが習わしとなっています。
アメリカの長寿祝いは、50歳頃から10年ごとに行うのが一般的であり、シルバーコインをラッキーアイテムとして贈る地域もあるそうです。

■イギリス
イギリスでは、50歳を迎えた年から10年ごとに盛大な長寿祝いパーティーを催すのが習わしとなっています。しかも、100歳を迎えた方には、女王から長寿を祝う祝福のメッセージが届くそうです。

■オランダ
オランダでは、50歳の誕生日に長寿のお祝いをし、次は80歳を迎えた誕生日のときに長寿を祝う盛大なパーティーを催すのが古くからの風習となっています。オランダもイギリス同様、100歳を迎えた方には女王から記念のカードが届くそうです。

■タイ
タイでは、12年ごとに年男と年女をお祝いする風習があります。
なかでも72歳の誕生日のときは長寿祝いとして盛大なパーティーが催されるそうです。
パーティーには家族や親戚のほか、親しい友人や知人も呼んでお祝いするのが一般的となっています。

■カンボジア
カンボジアでは、50歳と60歳を迎えるとお坊さんを招いて長寿のお祝いを行うのが習わしとなっています。

還暦や古希などの長寿をお祝いする習慣は、古代中国発祥の文化ですので、日本や韓国、東南アジアを中心に広く行われています。
ただ、赤色の大黒頭巾やちゃんちゃんこ、座布団などを贈るのは日本独特の風習であり、海外には見られません。

どの国でも60歳をお祝いする習慣があるわけではないのですね。
そして、日本でも長寿になったことで、還暦祝いの意味合いが変わってきている感もあります。
最近では還暦のお祝いをせずに、70歳の古希や77歳の喜寿を迎えた際に長寿祝いを行う方も増えていると言います。
ですが、日本は長寿国家でありながら、ストレス大国でもありますので、全ての日本人が必ず平均寿命まで生きられるわけではありません。
還暦は、人生の節目の年でもあり、一生に1度しか訪れない記念すべき年です。
悔いを残さぬよう、家族や親戚、親しい友人の方々は、この機会に盛大に還暦祝いを催してみてはいかがでしょうか。
  • ランキングで選ぶ
  • 総合ランキング
  • 男性向けランキング
  • 女性向けランキング
  • 商品の種類で選ぶ
  • 商品一覧
  • 似顔絵
  • ポエム
  • 花
  • 時計
  • 食器
  • インテリア
  • 名入れギフト
  • 信楽焼
  • 可愛いもの
  • 贈る相手で選ぶ
  • お父さんへ
  • お母さんへ
  • 両親へ
  • 知人・親戚へ
  • 仕事先の方へ
  • お届け日数で選ぶ
  • 即日発送
  • 2日後発送
  • 1週間で発送
  • 10日間で発送
  • 2週間で発送
  • 商品の金額で選ぶ
  • 5千円くらい
  • 1万円くらい
  • 2万円くらい
  • 3万円くらい
  • お祝いギフト本舗の運営理念
  • ラッピング無料
  • お急ぎの方はクリック!
  • お買い物ガイド
  • 発送時期について
  • お支払い方法
  • お問い合わせQ&A
  • いらっしゃいませ!
  • お祝いギフト本舗について
  • 運営会社について
  • お客様の声
  • お気に入り登録
お客様の声