義母へ還暦祝いをする際の注意点

「実母は還暦祝いをしていないのですが、義母の還暦祝いはした方がいいのでしょうか」「義姉や義兄がこちらの都合を聞かず、勝手に義母の還暦祝いをセッティングしてしまって困っている」など、配偶者の義母の還暦祝いについて様々な問題を抱えている方々は意外と大勢いらっしゃいます。

特に嫁と義母のあいだで起こる還暦祝いトラブルは、後々大きな問題へと発展する可能性があるため、旦那さんは中正の立場をとり、的確な答えを出す必要があります。

では、義母の還暦祝いを行う上で、どういったことに気を付けたら良いのでしょうか。

還暦を迎えた義母をお祝いする際の金額相場

実母の還暦祝いの場合、世間的な金額相場や価値観などにこだわらなくとも、親子同士で分かり合える真心のこもったお祝いを贈ることができるのですが、「親しき中にも礼儀あり」ということわざのとおり、義母の還暦祝いを行う際は、節度や社会性などが大切になります。

還暦祝いの金額相場は、お住いの地域や各家庭の経済状況などによって多少異なりますが、

・実母:10,000円~100,000円
・義母30,000円~50,000円

このようになっています。

もし、家族や親戚が集まって食事会を行ったり、親しい友人や知人を招いて盛大な還暦パーティーを開催する場合は、そうした費用を含め、このあたりの金額に収める方も多いようですが、義父母が同い年の場合、夫婦揃っての還暦祝いということで、予算を増額してお祝いする方もいらっしゃいます。

ただ、こうしたお祝いの会にかける金額相場とは別に、義母へ贈る還暦祝いのプレゼントにかける費用は、実の両親へ贈る還暦祝いのプレゼントと足並みを揃えるのが、大人としてのマナーです。
「義理の母だから」といって、一切特別扱いはせず、実の母と平等に接するのが“子ども”としての礼儀になりますので、義母の還暦祝いを開催する際は、必ず予算や贈り物などについて配偶者や義理の兄弟姉妹としっかり話し合ってから行うようにしましょう。

義母へ贈る還暦祝いのプレゼント選び

義母へ贈る還暦祝いのプレゼント選びは、「社会人としての大先輩であること」を前提に選ぶのがポイントとなりますが、もう1つ気を付けなければならい点があります。
それは、「女性は、いくつになっても女性である」という気配りです。

義母への還暦祝いにアクセサリーやバッグなど、身に付けるものや常に持ち歩けるものをプレゼントに選択される方も大勢いらっしゃいますが、このような贈り物をする場合、事前に相手の好みや普段の服装とのコーディネートを調べておく必要があります。
もし、それを怠ってしまうと、「このタイミングで年寄り扱いされるとは思っていなかった」「この前『まだまだお若いですよ』と言ってくれたのに、あれは嘘だったの?」など、本人を傷付けてしまう可能性があります。

結婚して「親子」という間柄になったとはいえ、一定の社会性を考慮したプレゼント選びを行うのが、大人としてのマナーとなります。

「親しき中にも礼儀あり」ですので、還暦祝いのプレゼントを選ぶ際は、必ず事前に義母の趣味嗜好をリサーチしてから購入しましょう。

還暦を迎えた義母へ贈るメッセージの書き方

実母の還暦祝いに贈る手紙やメッセージカードの場合、親しみを込めた語調や生まれ育った土地の方言を交えた文章を書いても問題ありませんが、義母の還暦祝いに手紙やメッセージカードを贈る場合は、丁寧な言葉使いで親しみを込めた文章を書くのがポイントとなります。

また、義母の呼称を書く場合、「お義母さん」と書く方も多いですが、「義」の表現を用いることで、私たちは他人であるということを強調することになりますので、相手を不快にさせてしまう恐れがあります。
義母へ手紙やメッセージカードを贈る場合は、必ず「お母さん」と書くようにしましょう。

では、義母の還暦祝いに贈るメッセージの参考例文をご紹介します。

■義母へ贈るメッセージの書き方

お母さん、○月○○日で還暦をお迎えとのこと、おめでとうございます。
長寿と呼ぶには若すぎるお母さんの温かな笑顔とお人柄は私の憧れです。
なかなかお顔をお見せすること阿できず、子どもたちも会いたがっておりますので、○月頃、家族揃ってお伺いし、お祝いの会を開きたいと考えております。
オシャレなお母さんの末永いご長寿を願いますと共に、日頃の感謝の気持ちを込めて、ささやかながら還暦祝いの○○(品物名)を贈ります。
どうかこれからも持ち前の明るさと変わらぬ笑顔で世界一素敵な長寿を目指してください。

義母の還暦祝いで生じるトラブルを未然に防ぐ方法

義母の還暦祝いでトラブルが起こる主な原因は、

・還暦を迎えた本人の意向にそぐわないお祝い
・嫁姑問題
・コミュニケーション不足

が大きいと言われています。

昔の還暦祝いは、還暦を迎えた本人が先導し、家族や親戚、親しい友人・知人を招いてお祝いの会を開いていたのですが、現在の還暦祝いは家族や親戚が「祝う側」となり、還暦を迎えた本人が「祝われる側」として招かれるのが一般的となっています。

そのため、祝われる側である還暦を迎えられた方々は、祝ってくれる家族や親戚に対して、注文をつけたり、お祝いをしてほしいという催促をする行為は、本来ならば慎まなければならないのですが、世間体や体面を気にされる方もおられますので、まずは義母がどのような還暦祝いを望んでいるのかを事前にそれとなく確認しておきましょう。

還暦のお祝い方法は、地域や各家庭、関係者などの考え方によって、様々な状況や要素で変化しますので、ルールや正解などは存在しません、お祝いの主役である還暦を迎えられた義母が、心の底から「嬉しい」と感じてくれなければ、せっかくのお祝いが水の泡となりますので、還暦のお祝いを行う際は、主役である義母と話し合い、極力本人の意向に沿うかたちのお祝いを行うようにしましょう。

また、世代の異なる女性同士のバトル「嫁姑問題」の解決も還暦祝いを行う場合、とても重要な要素となります。
義母と子ども夫婦で還暦祝いについて話し合い、当人たちの意向に沿うかたちでお祝いをしたにも関わらず、後から「お祝いのお金が少なかった」「プレゼントの品物が粗末だった」などの愚痴を実子である息子へ漏らしたり、「こういう気遣いは嫁がちゃんとするべきなのにねぇ」といった悪口を息子へ告げ口する義母もいます。

還暦祝いによって、せっかくの還暦祝いも台無しになってしまうのは、今後の夫婦生活にも悪影響を及ぼしかねませんので、実子である息子さんが先導し、夫婦の連帯感を強めながら、義母の還暦祝いを夫婦共同で行う姿勢を見せるようにしましょう。

しかし、実子である息子さんが先導し、夫婦の連帯感を強めて、義母の意向に沿うかたちの還暦祝いをセッティングしたにも関わらず、失敗してしまったという場合も多々あります。
その原因は、義母とのコミュニケーション不足だと言われています。

日本人は、古くから「言いたいことをグッとこらえて我慢する」ことに美徳を感じるところがあるのですが、それでは、相手に誤解を与えてしまい、その誤解を解消せずにそのまま放置してしまうと、後々たいへんな結果を招くことになりますので、

・どんな還暦祝いをしたいのか
・予算の都合上、出来ることと出来ないことがある
・できない理由

などを子ども夫婦と義母でしっかり話し合ってから、還暦祝いを行うようにしましょう。

まとめ

義母の還暦祝いを素晴らしいものにするためには、まず子ども夫婦と義母、義理の兄弟姉妹と良好な関係を築くところから始めましょう。
そんな暇が無いという場合は、夫婦の連帯感を強め、実子の息子である旦那さんが還暦祝いについて両親や兄弟姉妹と話し合い、「義母の還暦祝いは夫婦共同で行う」という姿勢を見せると、夫婦どちらかを悪者にするといった事態を避けることができます。
義母や義理の兄弟姉妹と良好な関係が築けていない方は、ゆっくりと時間をかけて関係を築いてゆきましょう。

夫と妻の母の関係は良好なパターンが多いと思いますが、やはり一般的に多いのは妻と夫の母がよくないという嫁姑の問題でしょうか。
本文にも書かれていますが、気に入ったお祝いをできない場合はやはり日頃のコミュニケーション不足が大きな要因になっているようです。
これまで関係がよくない方も義母の還暦祝いをきっかけに関係の修復をはかってみるのもよいかもしれませんね。
お義母さまも修復できるきっかけを探しているかもしれませんしね(^^)
  • ランキングで選ぶ
  • 総合ランキング
  • 男性向けランキング
  • 女性向けランキング
  • 商品の種類で選ぶ
  • 商品一覧
  • 似顔絵
  • ポエム
  • 花
  • 時計
  • 食器
  • インテリア
  • 名入れギフト
  • 信楽焼
  • 可愛いもの
  • 贈る相手で選ぶ
  • お父さんへ
  • お母さんへ
  • 両親へ
  • 知人・親戚へ
  • 仕事先の方へ
  • お届け日数で選ぶ
  • 即日発送
  • 2日後発送
  • 1週間で発送
  • 10日間で発送
  • 2週間で発送
  • 商品の金額で選ぶ
  • 5千円くらい
  • 1万円くらい
  • 2万円くらい
  • 3万円くらい
  • お祝いギフト本舗の運営理念
  • ラッピング無料
  • お急ぎの方はクリック!
  • お買い物ガイド
  • 発送時期について
  • お支払い方法
  • お問い合わせQ&A
  • いらっしゃいませ!
  • お祝いギフト本舗について
  • 運営会社について
  • お客様の声
  • お気に入り登録
お客様の声