還暦祝いにオススメのスピーチ・挨拶例文

社会に出ると、「還暦祝いの会で挨拶を頼みたい」「還暦のお祝いで祝辞スピーチをお願いしたい」と、家族や親戚、職場の先輩から頼まれることも多々あるかと思います。

挨拶やスピーチといえば、結婚披露宴や歓送迎会、同窓会などを思い浮かべる方も多いかと思いますが、還暦祝いの席で行う挨拶やスピーチは、長寿をお祝いする席ですので、

・主役である還暦を迎えた方へのこれまでの感謝の気持ち
・「これからも長生きしてください」という応援メッセージ

この2点をあなた自身の言葉で素直に伝えるのがポイントとなります。

ですが、ポイントを押さえていてもなかなか上手く言葉が出てこないという方も大勢いらっしゃるかと思います。

そこで、還暦祝いの挨拶やスピーチの書き方のコツや相手別の例文をご紹介します。

還暦祝いの挨拶やスピーチの書き方のコツ

還暦祝いの席で挨拶やスピーチを頼まれた場合、基本的には

・自己紹介
・お祝いの言葉
・還暦を迎えられた方とのエピソードや思い出
・今後のご活躍や健康を祈る言葉
・結びの言葉

この5項目を押さえて準備を行うのがポイントとなります。

ただし、「還暦を迎えられた方とのエピソードや思い出」の部分は、主役である還暦を迎えられた方との関係が深ければ深いほど長くなりやすいため、出席者が飽きてしまわないよう、自己紹介から結びの言葉までを3分前後を目安に準備するように心掛けましょう。

父へ贈る還暦祝いの挨拶・スピーチ例文

■例文その1

本日は、父○○の還暦祝いに、お忙しいなかお集まり頂きまして有難うございます。
親戚一同を代表致しまして、一言ご挨拶をさせて戴きます。
父○○は、昭和○年○月○○日生まれで今年還暦となりました。
この日を美辞に迎えることができましたのも、お集まりいただきました皆様のご厚誼のおかげだと思っております。
皆様には心よりお礼申し上げます。
昔は、還暦は長寿と言われておりましたが、平均寿命が延びた現在では長寿とは言えない年齢ではありますが、父も少しはガタがきているところもあるのは確かです。
ですが、普段から「まだ若いものには負けん!」と言っておりますので、身体には十分に気を付け、これからの人生を楽しんでもらいたいと思っております。
今後も年寄り扱いすることなく、知恵を授けて頂きたいと思いますので、お父さん、これからも長生きしてください。
また、お集まり頂きました皆様、今後ともなにとぞよろしくお願い致します。
本日は誠にありがとうございました。

■例文その2

本日は、父○○の還暦祝いに、お忙しいなかお集まり頂きまして誠にありがとうございます。
家族、親戚一同を代表致しまして一言ご挨拶をさせて戴きます。
父○○は、昭和○年○月○日生まれで今年還暦を迎えることとなりました。この日を無事に迎えることができましたのも、お集まり頂きました皆様のご厚誼のたまものと深く感謝しております。皆様には心よりお礼申し上げます。
長年勤めた会社も今年3月で退社し、これからのんびりと暮らしてゆくのか思っておりましたが、毎週ゴルフや飲み会でとても忙しそうな毎日を過ごしているようです。ですが、少しは昔に比べてドライバーの飛距離が伸び悩んでいるのも確かですから、身体には十分に気を付け、これからの人生を楽しんでもらいたいと思っております。
今後も毎日楽しく母○○○と仲良く暮らしてください。
お父さん、お母さん、これからも元気でいてください。
また、お集まり頂きました皆様、今後ともよろしくお願い致します。
本日はありがとうございました。

お父さんへ贈る還暦祝いの挨拶やスピーチですが、子であるあなたがお父さんへ贈る謝辞なのか、お祝いの席に参加された方へのお礼の言葉なのかによって、内容が少し異なりますので、例文にアレンジを加えてオリジナリティ溢れる挨拶やスピーチを準備しましょう。

母へ贈る還暦祝いの挨拶・スピーチ例文

還暦を迎えるお母さんへ贈る還暦祝いの挨拶やスピーチは、基本的にお父さんと同じ内容で問題ありませんが、年齢を感じさせる長寿のお祝いに抵抗を感じる女性も多いので、「還暦祝い」ではなく「誕生日祝い」という名目で、お母さんをお祝いの席へ招待し、実は還暦祝いというサプライズな演出を用意するのがオススメです。

その際、還暦祝いの挨拶をするならば、これまでの感謝の気持ちと「これからも父さんと仲良くね」というメッセージを込めるとお母さんを喜ばせることができるでしょう。

では、書き方の例文をご紹介します。

■例文その1

お父さん、長い間お勤めご苦労様でした。
還暦と言ってもまだまだ若いお母さん、お誕生日おめでとうございます。
お2人が結ばれて○○年、我が家はこんなに家族の輪が広がりましたね。本当に嬉しい限りです。
今日は私たち姉弟がささやかなパーティーを企画しましたので、楽しんで頂けましたら幸せです。
お父さん、お母さん、これからも元気で2人仲良く第二の青春を謳歌してください。

■例文その2

お母さん、還暦おめでとうございます。
還暦なんてとお母さんは嫌がっていましたが、家族や親戚をはじめ、大勢の方々にお集まり頂いて、盛大なお祝いの宴会を開くことができ、娘として嬉しく思っています。
私も子どもができると、子育ての大変さが身に沁みて分かるわけで、お母さんが私たち兄弟姉妹を慈しんで育ててくれた有難みを、今しみじみと感じています。
そのお母さんへの感謝の気持ちを、今日、還暦のお祝いというかたちにすることが出来て、私たち兄弟姉妹はたいへん満足しています。
お母さんを見ていると、いまの60歳は本当に若いんだなとつくづく感じます。
お母さんは「年を取った」とたまに言いますが、お母さんのアグレッシブで元気な姿は、私とほとんど変わりません。むしろ、私より若いかもしれません。
お父さんと2人、これからの人生を楽しく過ごしてくれることだけが、私たち兄弟姉妹からの願いです。
本日は、お忙しいなか、母の還暦の宴会にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
家族、親戚一同、厚くお礼を申し上げます。

一生に1度の還暦祝いですので、あなたの素直な気持ちを率直に伝えられる愛に溢れたメッセージを用意するのがポイントです。

上司へ贈る還暦祝いの挨拶・スピーチ例文

職場の先輩から「お世話になっている上司の還暦祝いを催すから祝辞スピーチをお願いしたい」と頼まれた場合、どのような内容の挨拶やスピーチを用意したら良いのか悩みますよね。
お父さんやお母さんへ贈る還暦祝いの挨拶やスピーチの場合、思い出深いエピソードなどを盛り込むことは安易ですが、職場の上司となると、失礼なことは言えませんし、深く語れるようなエピソードを持っていなかったりしますよね。

では、さっそく還暦を迎えた上司へ贈るおすすめの挨拶・スピーチの例文をご紹介します。

■例文その1

本日は大変お忙しいなか、我が専務の還暦のお祝いにお集まり戴き、誠にありがとうございます。
日頃は何かとお世話になり、またお心に掛けてくださいまして、ありがとうございます。
本日、ここに日頃お世話になっている皆様と共に、我が専務の還暦をお祝いすることができ、○○支店一同を代表しまして、心からお喜び申し上げます。
私どもは、専務の気さくで温厚なお人柄に加え、溌剌と陣頭指揮をしてくださいますので、新入当時から毎日仕事に対して意欲が湧いており、仕事が楽しいという恵まれた環境にあります。
そして、先取りする洞察力の鋭さ、判断力・決断力の的確さでは、業界に燦然と輝く専務の功績を、なによりもわが社はもとより私ども社員一同の誇りに思っております。
本日還暦を迎えられました専務に健康の秘訣を伺いましたところ、「家庭円満と何事にも挑戦」とのお言葉でした。
なるほど、専務は公私ともに私共が模範にすべき最高のお手本であることと信じております。
専務は常日頃、「ゴルフも釣りも何でも挑戦しようじゃないか」と元気いっぱいに仰っています。これからも、ますます健康でご活躍されることを心からお祈りしております。
本日は、誠におめでとうございました。

■例文その2

本日、ここに日頃お世話になっている皆様と共に、我が○○株式会社○○○○専務の還暦をお祝いすることができ、○○支店一同を代表しまして、心からお喜び申し上げます。
私どもは、○○○○専務の生真面目なお人柄に接し、新入当時から毎日の勤務が働き甲斐のある恵まれた環境にあります。
そして、業界に燦然と輝く専務の功績をなによりも誇りに思っております。
本日めでたく還暦を迎えられました専務に健康の秘訣を伺いましたところ、「笑うことと、規則正しい生活」とのお言葉でした。
○○○○専務は、公私とも、私共が模範にするべき最高のお手本であると信じております。
専務は常日頃、「まだまだ若いものには負けんぞ!」と元気いっぱいに仰っております。
これからも、ますます健康でご活躍されることを心からお祈りしております。
本日は、誠におめでとうございます。

職場の上司へ贈る還暦祝いの挨拶には、

・健康を願う
・上司の人柄
・家族の協力があってこそ

この3つを祝辞に含めると、感動を誘う素晴らしいスピーチになることでしょう。
もし、還暦を迎えられた上司の配偶者が同世代の場合、主役である男性だけはなく、夫婦共にお祝いすると、さらに喜ばれますので、まずは職場の方々から上司の印象などを聞き、箇条書きにまとめるところから始めるのが良いでしょう。

いかがでしたか。
もし、お父さんやお母さん、職場の上司の還暦をお祝いする席で、あなたに祝辞を述べてほしいと頼まれた場合、
「粗相が許されないお祝いの席で失敗したくないから」という理由から、挨拶やスピーチを断ることも可能です。
しかし、あなたに還暦祝いの挨拶やスピーチを頼んできた方は、主役である還暦を迎えた方が、あなたのことをとても可愛がって大切にしているからこそ、喜ばせることができると考えてお声を掛けてくれたのではないでしょうか。
還暦のお祝いは、一生に1度しかない特別な宴会であり、その特別な場で挨拶やスピーチが出来るのは、ごく限られた人物のみです。「失敗したらどうしよう」「挨拶やスピーチって面倒だな」などと思わず、貴重な体験として是非経験されてみてはいかがでしょうか。

スピーチってとても緊張しますよね。
私も友だちの結婚式でスピーチを頼まれたことがあります。
当日まで緊張しっぱなしでしたが、最後は「下手くそでもいい!心を込めてスピーチできたらそれでいい!」と開き直ってがんばりました
途中で涙ぐんでグダグダになってしまいましたが、それも「心がこもっていて感動したよ」と友だちに言ってもらえて救われました。
緊張で頭の中が真っ白になってしまうこともあるでしょうから、手紙を書いて、それを読むこともありだと思います。
上手く話せるかどうかではなく、心をどれだけ込められるかでよいのではないでしょうか?(^^)
  • ランキングで選ぶ
  • 総合ランキング
  • 男性向けランキング
  • 女性向けランキング
  • 商品の種類で選ぶ
  • 商品一覧
  • 似顔絵
  • ポエム
  • 花
  • 時計
  • 食器
  • インテリア
  • 名入れギフト
  • 信楽焼
  • 可愛いもの
  • 贈る相手で選ぶ
  • お父さんへ
  • お母さんへ
  • 両親へ
  • 知人・親戚へ
  • 仕事先の方へ
  • お届け日数で選ぶ
  • 即日発送
  • 2日後発送
  • 1週間で発送
  • 10日間で発送
  • 2週間で発送
  • 商品の金額で選ぶ
  • 5千円くらい
  • 1万円くらい
  • 2万円くらい
  • 3万円くらい
  • お祝いギフト本舗の運営理念
  • ラッピング無料
  • お急ぎの方はクリック!
  • お買い物ガイド
  • 発送時期について
  • お支払い方法
  • お問い合わせQ&A
  • いらっしゃいませ!
  • お祝いギフト本舗について
  • 運営会社について
  • お客様の声
  • お気に入り登録
お客様の声