メッセージ入り古希祝いプレゼントを贈るならお祝いギフト工房 古希祝い店

お祝いギフト工房-古希祝い店-
  • ホーム
  • はじめての方へ
  • 発送・お支払い方法
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要

還暦は「赤」、古希は何色?

数え年で61歳 (満年齢60歳)を迎える方々のことを「還暦」と呼び、家族や親族は還暦を迎えた方々に赤色の大黒頭巾・ちゃんちゃんこ・座布団などを贈るのが一般的とされています。
これは、十二支が一巡するまでに60年かかることから、「60歳を迎えると生まれた時に還る=赤子に還る」ということで赤色の大黒頭巾やちゃんちゃんこなどを贈る風習が生まれました。

では、古希の場合、何色の大黒頭巾やちゃんちゃんこを贈るのでしょうか。

古希を迎えた方々に贈る大黒頭巾やちゃんちゃんこは、昔から「紫色」と決められています。

紫色が古希のお祝いに用いられるようになったのは、古代中国や律令時代の日本において、皇族やそれに属する者だけが使用することができる最高位を表す色彩であること、仏教の世界では紫色が魔除けの効果を持つ色彩として扱われていたからです。

また、今は長寿国家として名を馳せている日本ですが、昔は40歳や50歳が終年の時代だったからです。
そのため、当時70歳まで生きられる方々は非常に貴重な存在であり、滅多にない縁起事として盛大なお祝いが催されていたため、70歳を迎えた方々に敬意と労わりの心を表すために紫色が用いられたのではないかと考えられています。

古希祝いのちゃんちゃんこは「紫色」じゃなきゃダメ?

古希祝いに贈るちゃんちゃんこですが、必ずしも「紫色」でなければならないというわけではありません。
最近では、ピンク色の大黒頭巾やちゃんちゃんこなどを古希のお祝いで着たいと希望されるおばあちゃんもいてます。
ピンク色の大黒頭巾やちゃんちゃんこは、本来100歳を迎えた方々をお祝いする際に用いられるものなのですが、「長寿のちゃんちゃんこを着るのは、ちょっぴり恥ずかしい」というおばあちゃんも多いため、現在では「100歳まで長生きできますように」という縁起を担いで可愛らしいピンク色のちゃんちゃんこを贈る方も増えています。
もし、ちゃんちゃんこを古希のお祝いで贈ろうとお考えの方は、1度おじいちゃん、おばあちゃんに古希のお祝いの会で着たいちゃんちゃんこの色を聞いておくと良いでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんのご希望に添った色で古希を盛大に祝い、家族や親戚、友人、知人を招いて記憶に残る幸せな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。