メッセージ入り古希祝いプレゼントを贈るならお祝いギフト工房 古希祝い店

お祝いギフト工房-古希祝い店-
  • ホーム
  • はじめての方へ
  • 発送・お支払い方法
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要

古希を迎えるおじいちゃんやおばあちゃんが喜ぶお祝いの仕方

「古稀を迎えるおじいちゃんを喜ばせる祝い方が分からない」「遠く離れた場所に住むお母さんが来月古希を迎えるのだけれど、平日だし、経費や休みも取れないため、お祝いすることができなくて困っている」など、古希の祝い方について困っている方は大勢います。

古希は、還暦や米寿とは異なり、現代ではそこまで重要視されていない長寿のお祝いのひとつのため、古希の祝い方についてご紹介している書籍や情報サイトは、ほとんどありません。

しかし、21世紀現在、日本をはじめ、世界各国で平均寿命が年々上がっていることから、元気で若々しい60歳の還暦のお祝いはせず、70歳の古希から長寿祝いをされるご家庭も増えてきたため、古希祝いに注目が集まりつつあります。

「じゃあ、古希の祝い方は還暦祝いと同じでいいの?」と思われた方も大勢いらっしゃるかと思います。

還暦も古希もお祝いの方法は、地域や宗派などによって異なりますので、若干ルールなどが異なるかと思いますが、基本的には「これをしなければならない」「あれは禁止だ」などの厳しいルールはありません。 ですが、古希を迎えられた方々が、いかに心の底から喜べるステキなお祝いの会を催せるかどうかがポイントとなります。

そこで、もうすぐ古希を迎える方々のためにどのようなお祝いをしたらよいのか悩んでいる方々のために、おじいちゃんやおばあちゃんが「あっ!」と驚くスペシャルな古希の祝い方をご紹介します。

現代の古希の祝い方

還暦の次にやってくる「古希」は、中国盛唐時代の詩人・杜甫 (とほ)が遺した『人生七十古来稀なり (70年生きる人は古くから稀である)』という詩句が由来とされています。
現在の日本人の平均寿命は、男性80.79歳、女性87.05歳と世界でも有数の長寿国家として知られていますが、昔は40歳から50歳が平均寿命であり、70歳まで生きられる人は稀だったのです。

そのため、当時は古希を迎えた方に対して敬意と労わりの心を表すために王侯貴族のみが身に付けることを許されていた最高位を表す「紫色」を身に付けることが許され、燦たる長寿祝いが催されたそうです。

現在でも古希を迎えられた方々をお祝いする際は、紫色の大黒頭巾やちゃんちゃんこなどを贈り、盛大にお祝いするご家庭もたくさんありますが、なかには「大黒頭巾やちゃんちゃんこを着るのは年齢を感じる」と思っているおじいちゃんやおばあちゃんもいらっしゃいます。

そこで、近年は、古希を迎えられたおじいちゃんやおばあちゃんのリクエストに応えるかたちで古希の祝い方にも様々なバリエーションが増えてきました。
特に現代のおじいちゃんやおばあちゃんたちから人気を集めているお祝い方法が、

  • 家族と一緒に自宅でご馳走を作ってお祝いされる
  • 滅多に行かないオシャレなレストランや割烹などで食事する
  • 家族みんなで温泉旅館などの宿泊施設へ行ってお祝いされる
となっており、普段なかなか会うことができない息子や娘、孫たちと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っている方が多いようです。

ですが、なかには、家族や親戚は遠く離れたところに住んでいるので、みんなが集まって食事や旅行に行くのではなく、心温まるメッセージが添えられた贈り物やプレゼントだけで良いというおじいちゃん、おばあちゃんもいらっしゃいます。

もし、古希の祝い方で悩んでいる方は、1度主役であるおじいちゃんやおばあちゃんに、それとなくどんなお祝いを望んでいるのかを訊ねてみてはいかがでしょうか。

それぞれのお祝い方法のメリット・デメリット

「古希のお祝いをサプライズしたい」という方は、自宅・レストラン・温泉旅館それぞれの場所でお祝いする際のメリットとデメリットを理解したうえで、決めるようにしましょう。

自宅でお祝いする場合

[メリット]

  • 開催日時やしゃべり声などを気にすることなく、ワイワイ楽しくお祝いすることができる。
  • おじいちゃんやおばあちゃんの大好物を用意することができる。
  • 手作りのぬくもりを感じてもらえる。

[デメリット]

  • お祝いするための特別な料理を用意するのに手間がかかる。
  • アパートやマンションの場合、近隣の方々に配慮する必要がある。
  • 参加できる人数が限られる。

レストランや割烹などでお祝いする場合

    [メリット]

  • お祝いに欠かせない特別な料理を自分で用意する必要が無い。
  • 特別なイベント感を演出することができる。
  • お店によっては事前に打ち合わせしておくことで、古希祝いのサプライズを用意してくれることがある。

[デメリット]

  • お金がかかる。
  • 幼いお子様が参加される場合、周囲に迷惑が掛かってしまう恐れがある。
  • ※個室のあるレストランや割烹ならば、幼いお子様が参加されても周囲の迷惑になることはありません。
  • 日時によっては予約が取れない場合がある。

温泉旅館などの宿泊施設でお祝いする場合

[メリット]

  • 記憶に残る古希祝をプレゼントできる。
  • お祝いに必要不可欠な豪華なご馳走を自分で用意する必要が無い。
  • 古希祝い専用のプランを利用することで、紫色のちゃんちゃんこや記念撮影、お祝いのケーキなどを用意してくれる場合がある。

[デメリット]

  • お金がかかる。
  • 主役の方の体調がすぐれない場合や幼いお子様が参加される場合、旅行が負担に感じるケースがある。
  • 旅行に参加される方々の予定がぴったり合う日を事前に確認しておく必要がある。

以上を踏まえたうえで、古希のお祝いをどこで行うのかを決められるのが良いでしょう。

店長
いかがでしたか。 日本は世界でも有数の長寿大国として知られておりますが、全ての日本人が長寿というわけではありません。
中国盛唐時代の詩人・杜甫の詩句「人生七十古来稀なり」とあるように、70歳まで生きることはとても大変なことです。この機会に古希を迎えられた方々への感謝と敬意、労わりの心を持って盛大にお祝いしてみてはいかがでしょうか。