メッセージ入り古希祝いプレゼントを贈るならお祝いギフト工房 古希祝い店

お祝いギフト工房-古希祝い店-
  • ホーム
  • はじめての方へ
  • 発送・お支払い方法
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 会社概要

古希のお祝いに付ける熨斗の書き方

家族や親戚と共に古希のお祝いをするのも良いものですが、家族が皆、遠く離れたところに暮らしている場合や仕事などの理由で都合がつかずに全員が集まることができない場合、主役である古希を迎えた方々がお祝いを辞退されている場合は、無理に古希のお祝いの会を催す必要はありません。

ですが、一生に1度の古希祝いですので、誕生日もしくは敬老の日に古希祝いのプレゼントを贈られるのがオススメです。

プレゼントを古希祝いにする際は、選んだ品物に熨斗紙を掛けてもらい、表書きを「古希御祝」「御祝」「感謝」とし、水引は『何度あっても喜ばしいことである』という意味を持つ「蝶結び (花結び)」を選択しましょう。